ネットamazonでの修理品の販売について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

以前、私はよく、日本橋で購入したジャンク扱いのパソコンを修理していました。

当時はジャンクを扱う店が多く、ノートパソコンのアダプターや、メモリ、ハードディスクもいろいろな店舗で売られていました。

PC-NETという店などはその代表格でした。

アダプターにつないで基盤を動作確認してから、ハードディスクやメモリを購入して、OSをインストゥールすれば、また使えるものが多く販売されていました。

自分でいくつか修理品を使っていましたが、余ってくるので知り合いにあげたりしていましたが、もともと高価なものなので、貰ってくれる人にも限りがあり、余ってしまっていても、店舗で安くていいものが売っていると、数千円ですので、とっさに買ってしまうことがよくありました。

そうするとまた、修理用のパーツを購入して、修理して、動作確認できたら置き場所が無いので押し入れにしまっていました。

さすがに邪魔になるので、ネットamazonに出すと、天板に傷がある、キーボードの文字が薄い、すぐに壊れたなどのことを言ってくる人がいました。

確かに、ネットで格安で購入して、喜んでいたのにすぐ壊れたりすると腹が立つのは解るので、途中からジャンク修理品と解りやすく書いて、ノークレーム、ノーリターンとしていても、少しの傷や汚れで悪い評価を入れて来る人がときどきいました。

知り合いに聞くところによると、落札してから使っていて、数か月してから壊れたので代金を返すように言ってくる人も居たそうです。

自分で修理できない人なら、さすがに諦めがつきにくく、そのためいろいろと文句を言ってくるのだろうと思います。

日本海側出身の方と話していると、そちらの地方都市では、ジャンク品を販売している店自体が無いという方が多かったです。

最近ならamazonサイトでアダプターや各部分などの様々なパーツが手に入りますが、
その頃はある程度ネットで格安で売っていても、ネットで調べたことが無いので売っていることを知らない人や、自分で修理してみようと考えない人も多かったのかもしれません。

その頃はプレイステーション2の光学部分の修理代行や、ハンダが取れて壊れた物を格安で修理する人や、XBOXの修理をする人も、amazonサイトに多かったです。

最近は、街でよく、スマートフォンの修理代行業者の看板を目にしますが、さすがにあれほど小さく、さらにすぐに新型モデルが出るものを修理しようという素人は少ないのではないでしょうか。

やはり店舗として、壊れやすいパーツを中国のサイトから何ロットかまとめて購入して、それで利益を出しているのでしょう。

中国のアリババやタオバオならば様々な物が安く売られていて、日本語にも対応していますので、そちらからの仕入れが簡単になったことや、中国人留学生など、向こうの商習慣や配送方法などにも詳しい人が増えたことも関係ありそうです。

日本橋でよく売られているタクティカルバッグなども、私が自分で同じようなものをamazonサイトで購入すると、日本の住所から、中国人の名前で送られてきたことがありました。

カジュアル・バッグなどは中国のサイトで単品で見ると、日本と比べて激安というほどではありませんが、やはりまとめて買うと安くなる、継続して購入すると安くなるなどがあるのでしょう。

そのため、中国人留学生などが、小遣い稼ぎにまとめて輸入して販売しているのだろうと思います。

アマゾンなどでも、パソコン関係、スマホ関係などでは、出品者の住所を見ると、中国のシンセンになっていることは、結構あります。

いろいろな物が安くなって良いのですが、やはり電子機器などは、当たり外れがあるようなので、割り切って購入することが必要なようです。

ちなみに、中国製の靴や服などは、日本の物よりワンサイズ小さいことが多いので、気を付ける必要があります。

また、個人情報の管理なども、向こうは緩いかもしれませんので、やはり、専用のクレジットカードを決めて取引するほうがいいでしょう。

関連記事

  1. 電子ピアノが入る段ボールを求めて|FBA出品・納品代行

  2. 精密機械、割れ物注意の商品は要注意!配送手数料にも!|FBA出品・納品…

  3. とあるamazonでの経験|FBA出品・納品代行

  4. amazonを使った出品は色々と意識をしないといけないです|FBA出品…

  5. 初めてのamazon、ネットamazon|FBA出品・納品代行

  6. せどり転売で110円で仕入れた本が、Amazonで9,000円で転売に…