子供用ジャンパーの梱包の手順と短縮できる方法|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonで、色々なものを出品しています。

その中で割と苦戦しているのが子供用の衣類で、出店するよりも梱包して配送手続きする方が、労力が必要になってきます。

11月に子供用のジャンバーを出品し落札されたので、梱包し配送手続きをすることになりました。

140センチの子供サイズで、フードが付いていることから、たたみ方にも気をつけないとならないです。

初めて衣類の梱包するときには、予め同じような商品の出品者のリサーチしますと、色々と情報が入手できます。

子供用の衣類を出品するときは、商品説明に状態の説明をしていることから、予め汚れや擦れていることを知っていれば、落札者も気にしていないです。

しかしコートやジャンバーなど、なかなか洗濯をしない衣類は、外や家の中の臭いを付着したままです。

生地の素材によって可能であれば、出品する前にクリーニングをすることによって、落札者の印象が違ってきます。

クリーニング店に持ち込むのが嫌ならば、生地によっては自宅で洗うこともできます。

子供用ならば洗濯表示を確認し、手洗いしてから干しますと、汚れを落とすこともできます。

しかし柔軟剤は臭いが苦手な人もいますので、洗剤または水のみで洗っても、汚れを落とすだけなら十分です。

予めクリーニングしていますと、落札されたあと梱包するときに臭いを気にしないだけではなく、梱包の時間短縮にも繋がります。

衣類の場合、シャツなど薄手のものですと、梱包するに時間がかからないです。

しかしコートやジャンパーに関しては、折りたたみ方によってはかさばり、袋の中に入ることが難しいので、出品する前に予め梱包するものを用意します。

人によって異なりますが、今回はダンボールでの梱包を選択しました。

配送料を負担する際に、予めダンボールの大きさを知っておけば、金額だけではなく利益も知ることができますので便利です。

その為、ダンボールは、縦と横と長さの合計で80センチのものを選びました。

子供用とはいえ冬用なので、折りたたみますと何センチもの厚さができてしまいます。

合計で70から80センチくらいでも十分入りますが、長さがあるものは80センチでも中に入れることが難しいで、予め全体サイズを把握したあとでダンボールを探しましょう。

人によってはダンボールではなく、袋や圧縮してコンパクトにしてから配送こともあります。

ただコートやジャンパーは、圧縮することによって形状が悪くなってしまったり、二重に袋詰にしないと破けたときに汚れてしまうケースもあります。

中には、シワができるケースもあり、形状をもとに戻す手間が面倒に思う人もいます。

その為、落札者に圧縮して梱包して良いのかという、承諾を得ないとならないです。

このやり取りが面倒に思うことによって、一方的に圧縮してしまうと印象が悪くなりますし、やり取りだけでも時間取ることから、短縮するためにダンボールでの配送を選択する
のです。

ダンボールに入れる前にも、濡れないようにビニール袋に入れますが、圧縮しなければある程度たたんであれば、とくに問題はないです。

ただし直接に宅配会社の店舗まで持ち込む時は大変なので、地面の落とさないように気をつけましょう。

利用しているサイトによっては、自宅まで取りに来てくてることもできます。

しかし手数料も取られることから、利益を踏まえて利用するかどうか考えてみましょう。

ジャンパーは子供用とはいえ、衣類なので状態の確認だけではなく、クリーニングした後に出品しないとならないから、手間が掛かります。

ただ点数多く出品するほど、利益が多くなることもありますので、暇なときにまとめて出せば、お小遣い稼ぎにはなります。

関連記事

  1. amazon販売でのベビーカー商品はお得か?尊下?苦労連発|FBA出品…

  2. amazonは便利なamazonサービスであります|FBA出品・納品代…

  3. 思ったよりも初めての事だらけのamazon出品|FBA出品・納品代行

  4. 捨てる本を売ることにしたのですが|FBA出品・納品代行

  5. 初めてのおつかいならぬ、初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行…

  6. 大型商品の発送は大変でした|FBA出品・納品代行