サイズオーバーを回避するのに一苦労!|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

出品していた商品がやっと入札されていざ梱包!という時、サイズオーバーにならないよう梱包を行うのは非常に困難なケースがあります。

礼儀として、やはりプチプチ等の梱包材で包むのは勿論ですが、その上から封筒や綺麗な袋で梱包を行います。

やはり届いた相手には、綺麗な状態、手にとって嬉しいと感じる状態で受け取ってもらいたいなと感じます。

私のオススメとしては、プチプチをまずは一周、その上から綺麗な梱包材をかぶせる事です。

ただ、そこで注意が必要なのが、梱包した商品のサイズです。

一般的にamazonやamazonでは、1番安い発送方法が決まっていて、その枠内に収まれば200円以内の送料で商品の発送が可能です。

ただ、その枠というのが、商品のサイズに関わらず、2.5センチもしくは3センチ以内というもの。

書籍や細かな雑貨なら梱包できますが、箱入りの化粧品や小物だと、この最安の枠に収まらないという事態に陥ります。

そこまで小さいサイズに拘らなくても良いのでは…?と思われるかもしれないですが、amazonでの送料は、価格設定にも影響を及ぼす程大事な項目であり、しっかり検討をしなければならない重要事項です。

万が一サイズをオーバーしてしまうと、amazonの倍は店頭レジ等で断られます。
amazonであれば、店頭でのチェックがないため受領はしてもらえるものの、郵便局の寸法で弾かれて、なんと自宅に戻ってくるというあり得ない事態が起こります。

amazonの場合は、まだ店頭で気付くことができるので、サイズオーバーであれば自宅に持ち帰り、再発送の手配を取ることができます。
ただ、amazonの場合はより入念な事前チェックが必要です。
コンビニ等の窓口ではサイズの確認がないため、場合によってはサイズオーバーでもそのまま出荷されてしまい、最寄りの郵便局で寸法した結果、自宅に返送されてくるケースが起こりえます。

実際私も自宅に郵便局から返送されてきたのですが、その後購入者さんとメッセージをやり取りし、再度梱包及び発送の手配を行うとなると、2日?3日のタイムラグが発生してしまいます。

最早、お急ぎで購入された方の要望には全く答えることができず、その時点で内心の評価点はダダ下がりなわけです。

尚、サイズオーバーの場合はもう一点問題が発生します。

元々匿名取引で出品していた商品も、サイズオーバーで返却されてしまうと使用していた取引番号やQRコードが無効になってしまいます。

というより、一度集荷の時点でそのQRコード等は使用してしまっているため、なんとか購入者さんと連絡がつき、再出品する場合は、匿名のQRを使用することができず、記名での発送しかできません。

よって、レターパック や普通郵便で発送が必要となり、購入者さんの住所や氏名を聞く必要があります。

この行為は、匿名取引が主流となりつつある現行に逆行しており、スムーズに相手が送付先を教えてくれる可能性はごく僅かです。

大抵が嫌がられるケースであると、周りの出品者からもよく耳にします。

つまり、万が一サイズオーバーになってしまうと、商品自体を再出品して同じ購入者様に買って頂く、もしくは、再出品等はせず、相手の住所及び氏名を書いた上で記名配送を行う、のどちらか二択になってしまうわけです。

勿論、再出品の場合は手数料等は発生しません。

また、相手の住所等を記名して発送した場合でも、システム内で匿名配送を利用していないと判断されるため、該当の送料が発生することはありません。

ただし、やはり匿名ではなく住所や氏名を明らかにして自分の中古品を販売するため、気になる方は避けた方が良いのではないでしょうか。
少なくとも私は、購入者様に十分に理由を説明した上で、再出品を行っています。

関連記事

  1. amazonで引越し代を賄った話|FBA出品・納品代行

  2. 初出品、数時間後に驚く|FBA出品・納品代行

  3. 昔懐かしいアイドルの写真集が20000円で売れた!|FBA出品・納品代…

  4. 船便に変更や住所の変更に苦労|FBA出品・納品代行

  5. 自分の確認漏れで大変に|FBA出品・納品代行

  6. どう包装すれば分からずコンビニで恥ずかしい思いを|FBA出品・納品代行…