UFOキャッチャーのアイテムをamazon経由で配送するときのコツ|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonなどのフリーマーアプリを使って、使わないものを出品して買い取ってもらうことがあります。

一番多く出品している商品は、UFOキャッチャーで取ったぬいぐるみやバッグです。

ストレス解消のために利用するのだが、ゲットをした商品の中には使わなかったり、キャラクターが好みではなかったということもあります。

そのたびに、出品するのです。

予め、先に同じ商品を出品している人がいるのかを確かめてから、値段設定をしています。

大抵は送料込みで値段設定をしていますが、人気がある商品に関しては、それなりに値段を釣り上げている。

出品後に細かくチェックをして、売れたらすぐに梱包します。

ぬいぐるみを出品するときには、予め梱包で使える袋やダンボールを用意します。

しかしバッグに関しては折り畳めますが、A4サイズくらいの大きさなら大丈夫だろうと、梱包アイテムを用意しないまま出品しますと、後になって後悔することがあるのです。

UFOキャッチャーに置いてあるバッグは、キャラクターものがほとんどだが、扱っている素材はバラバラで、布製だと畳むことはできる。

ただしナイロン製でやや硬いものや、パーツの一部が頑丈に作られているものもあります。

無理やり折り曲げることによって、開けたときに跡が付いたりなど状態が悪くなり、もとに戻すことが大変です。

そのため、出品する前にどのサイズで配送の依頼し、梱包後に入れる箱または袋を用意しますと、慌てることがなくなります。

またバックを梱包する際には、ダイレクトに箱や袋に入れるのではなく、雨対策の1つとして、やや頑丈なビニール袋に入れて置きます。

ビニールは100円均一で購入してあるのでもOKですが、汚れていないものが望ましいです。

ぬいぐるみや布製のバッグは、雨や水に対して濡れやすいので、天候によってはやや厚手のビニール袋を用意しますと、配送時のトラブル防止にもなります。

人によっては圧縮袋を使っていますが、梱包だけで値段が掛かってしまうことから、コストを抑えるために未使用の100円均一で購入した袋で商品を入れます。

この時に空気を抜きながら、テープなどで袋口を塞ぎますと、圧縮したのと同じようになり、箱や袋に入りやすくなります。

空気を抜く際には、2センチだけ開けた状態で袋口をテープで止めます。

軽く力を使ってゆっくりと空気を押して出したあと、袋口にストローを入れたら、空気を吸うことによって、圧縮したのと近い状態になります。

空気が入らないようにしながらも、ストローを取って袋口をテープで止めます。

バッグや衣類の場合は、梱包する時に空気が入りますと、箱や袋に入りにくくなってしまうので、ある程度は抜いておくことがポイントです。

圧縮することによって、規定サイズの箱や袋に入れることもでき、送料の節約にもなるので、慣れるまでは手間が掛かりますが、自分の利益にも繋がります。

ただし中には、圧縮すると生地の折り目が気になったという人もいます。

トラブル防止として、出品する際に折りたたんで梱包するなど、一言加えると相手も畳んで梱包されていることが理解します。

空気を抜いて軽くしながらも、濡れないように工夫するといった、手間の掛かることが多いので、一番最初の時には梱包だけで30分以上掛かりました。

amazonを利用するときには、他の利用者が梱包のやり方ややり取りの仕方なども、掲示板とかで書いてあるので、出品する前や配送する前に読むのはオススメです。

初めてバッグの梱包をする際に、要領が分からないので掲示板を活用しました。

梱包のやり方だけではなく、どうすれば印象を良くすることができるのかなど、知ることもできます。

1回のみでの利用でなければ、初めて出品する商品のたびに掲示板を活用することで、ノウハウが身に付き不用品も片付きます。

関連記事

  1. amazonについての感想|FBA出品・納品代行

  2. 丁寧に梱包しすぎたために起こった失敗|FBA出品・納品代行

  3. 初めてのamazon|FBA出品・納品代行

  4. 漫画本の出品について|FBA出品・納品代行

  5. 思った以上に高く売れた!結婚式の引き出物食器|FBA出品・納品代行

  6. amazonの苦労話|FBA出品・納品代行