ガラス製商品は慣れないと大変|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

自宅で使っていたガラスで作られたペンダントライトをamazonで出品した際にはものすごく苦労しました。

結婚当初、夫婦2人で行った北海道・小樽のお土産屋で購入した思い出深いペンダントライトでしたが、自宅の引っ越しに伴い使えなくなってしまったので、やむなく、大好きで日々使っているamazonで処分することにしたのです。

amazonで下調べをしたところ、同等の商品が10,000円前後で取引をされていたので、最低でも8,000円から9,000円では販売したいなと思って出品しました。

設定価格は10,000円でしたが、投稿後すぐに8,000円というオファー価格の提示を受けたので、迷いましたが、8,000円で販売しました。

粘っていたら、10,000円で売れたかもしれませんが、すぐに処分したい気持ちが強かったのでOKをしました。

販売までは非常にスムーズでしたが、苦労はここからです。

もちろん、出品する前から多少は大変かもしれないなという思いはありましたが、このペンダントライトの梱包は本当に苦労しました。

私自身、これまで書籍やゲーム、洋服などを中心に日常品をamazonで売買しており、取引実績は500件を超えているまあまあなハードユーザーのつもりでしたが、ガラス製のペンダントライトは過去一の大変さです。

今回、出品した商品は複数のガラスが複合して作られているのに加えて、枝垂桜のように装飾が加えられたものなので、梱包が甘いとお互いのパーツが干渉しあい傷つける可能性がありました。

あとあと、後悔するのですが、なぜ、こんなに大変なものを出品してしまったのかと思う程のやっかいな商品です。

とは言え、出品して売れてしまった以上、出荷をしないわけにはいかないので、意を決して梱包、発送しました。

amazon内での評価はこれまで1度も低評価を受けることなく来たので、ここにきて失敗はできないなと感じて、いろいろとネットで調べまくって、入念に梱包方法をリサーチしました。

私と同じガラス製の商品の梱包という悩みを持っている人は思っていたよりも多かったです。

検索するといろいろとやり方が掲載されていたので、非常に参考になりました。

調べ上げた結果、優しい素材で丁寧に1つ1つ包んでいくほかにはないという結論に至ったので、地道に梱包していく方向で進めることにしました。

1つ1つのパーツを緩術材で丁寧にくるんで、それぞれのバーツが動かないようにプチプチでくるむというやり方です。

文章に書くと簡単ですが、圧力を加えすぎると割れる可能性もあるので、1つ1つのパーツを丁寧に丁寧に包んでいきました。

包んだ商品を入れる段ボールもキツキツだと落下の際などの衝撃に耐えられないと思ったので、少し大きめの段ボールを用意して、緩衝材を大量に投入し、その中に梱包した商品を置きました。

よほどのことがなければ、大丈夫であろうと自信をもって言えるくらいの梱包です。

通常の商品の梱包から発送までが1時間もかからないことを考えると結構時間を費やしました。

緩衝材の費用と費やした時間と精神カを考えると全く見合わなかったと思います。

ペンダントライトのサイズ自体が小さかったのがせめてもの救いです。

大きかったら梱包がより大変だったと思うと、ゾッとします。

この経験を機にガラス製の商品の出品は余程のことが無い限りは行わないようにしようと思いました。

こんな経験をしても、amazonはやめられません。

私は身の回りのものをただ単純に捨てるのが、許せなくなってしまったamazon依存症だと最近になって気づきました。

これからもこの依存症は治らないと思いますし、治す気もありませんが、今後は出品の際には梱包の大変さも見据えて出品しようと思います。

関連記事

  1. ライブのCDを転売することに|FBA出品・納品代行

  2. 金貨を出品することにしました|FBA出品・納品代行

  3. 想定外に高い送料で利益なし|FBA出品・納品代行

  4. 私だけ?想像以上に気を遣う赤ちゃん商品|FBA出品・納品代行

  5. 柴犬よ、少女の元に届け!|FBA出品・納品代行

  6. しっかり梱包したはずなのに、なぜ・・・?|FBA出品・納品代行