悪い評価を気軽につけやすいamazonでの苦労|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

ビジネス書や自己啓発本をよく読むのですが、こういった書籍は当たり外れが大きいので自分に合わないものはすぐに処分していくようにいしています。

古本屋さんに持ち込むこともありますが、発売から半年以上経ったものはほとんど値段もつかず、無料での引き取りを提案されるのが常です。

そこでamazonやamazon、amazonのマーケットプレイスでの処分を行うようになりました。

amazonやamazonは写真の撮影が必要なのが私にとっては手間だと感じ、また購入者との連絡も結構まめに必要な時があり、忙しいと対応しきれません。

amazonでは写真撮影をする必要がないので気軽に出品できるので気に入っています。

ただ、amazonなどと違って相手の顔が全く見えない印象を受けるのがamazonです。

何度か使ってみて感じたのは、商品の状態が自分の基準と相手の基準が違っていた時に気軽に悪い評価をつけられることがあるということです。

書き込みも折れも焼けもなく、素人目に見て状態が良いと思って出品しましたが「表紙に小傷があったから『良い』状態とはいえない」と悪い評価をつけられてしまったことが2回ありました。

個人的な感覚では古本である以上、表紙の小傷はついていて仕方がないと思っていました。

新品の本でも本屋さんの書棚から出したり、戻したりしているうちについてしまうものです。

そうはいっても、小傷がついていたというのは事実なので、こちらから反論するものでもないので、悪い評価を受け入れるしかありません。

この辺りは個人の感覚の問題なので、いつももやもやとしたものを感じますが仕方がない話です。

amazonでは面倒なやり取りがありますが、相手が普通の一般の人間とわかるからなのか、あまりそういった基準が激しく違ったための悪い評価をつけられることがありませんでした。

相手の顔が見える(想像できる)けれど手間がかかるamazon、手間がかからず簡単に出品できるけれど相手が想像しにくいので悪い評価を簡単につけられてしまうamazonと理解した上で使い分ける必要があると気づきました。

そこからamazonでの出品ではいつも商品の状態は自分が思っているよりも一段階悪くつけるようにしています。

そうすることで値段も下げざるを得ないのですが、どんどん悪い評価が溜まっていくことを思えば結果的に良いと思っています。

値段を下げたくない高価な書物やまだ新しいものはamazonやamazon、など使い分けるようにしています。

それでもamazonでの出品が一番多いのはやはりユーザーの数が多く、出していたら結構な確率で買い手がつくというところにあります。

買い手は欲しい本をピンポイントで検索して、新品にこだわりがない人は古書から探すので買い手が見つかりやすいのだと思います。

また、値段の比較もしやすいので買い手も買いやすく、売り手も値段の設定がしやすいのも便利だと言えます。

amazonではいつまで経っても売れないものがamazonでは簡単に売れてしまうことも多々あります。

そういう意味でもamazonでの出品は非常に便利でありがたい存在です。

その性格、性質をよく理解して、商品の状態を選ぶときの基準だけよく気をつけて、あとは発送の期日をしっかり守ることで悪い評価も防ぐ事ができます。

結構な確率で販売につながるのも大きなメリットなので、今後もamazonでの出品はつづけていくと思います。

古本屋さんで何十冊を持ち込んで二束三文でも、amazonでなら1冊でそれくらいの金額がつくことも多々あります。

古書の処分を考えている人はamazonでの出品をおすすめしたいです。

関連記事

  1. ビン入り商品の販売の難しさ|FBA出品・納品代行

  2. ページの折れ曲がりにクレームを受けました|FBA出品・納品代行

  3. 思った以上に発送作業に手間取りました|FBA出品・納品代行

  4. スロットのポスターをamazonに出した|FBA出品・納品代行

  5. amazonを使い始めたときにやらかしたこと|FBA出品・納品代行

  6. Amazonマーケットプレイスを使っての漫画の全巻セット販売はなかなか…