amazonの梱包は大変だけど面白い|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

自分は、amazonやamazon、amazonなどamazonで販売しているのですが、「売れたのはいいけど、この商品どうやって梱包しよう、、、」と悩んでしまうことがよくあります。

amazonを始めた当初は、毎回のように思って、様々なサイトを調べて、手探り状態で梱包して、「これで無事商品が届くのかな」と思ったこともありました。

今まで長い間amazonを利用してきましたが、まだ一度も「商品に破損があった」などのクレームを受けたことがないので、なんとか自分なりの方法の梱包で良かったのだと思っています。

amazonを利用していて、梱包で一度クレームがあったのは、始めた当初に、通常なら商品の箱の外側に包装紙を巻くか、更にダンボールに入れるかするのですが、少しでも経費を浮かしたいと思い、商品の箱にそのまま配達伝票を貼って送ってしまいました。

相手に商品が届いてからメッセージが来て、「箱に配達伝票やら他にもベタベタとシールが貼られていて、商品が必要になくなった時に売れないじゃないか」とクレームが来たことがありました。

配達伝票を貼ったら、運送業者が他にも配達先の番号やらを箱に貼っているのを見たので、購入者には謝りました。

自分の中で梱包していて大変だったのは「デジカメ」です。

精密機器なので、プチプチだけでは配送業者が落として、「壊れてました」じゃあいけないと思い、白い包装紙を巻いて上にプチプチを二重で巻き、デジカメの箱にさらにプチプチを巻いて、他の箱に入れるというほど頑丈にしました。

購入者には無事届いたそうで、クレームにはならなかったのですが、「頑丈に梱包していただいてありがとうごさいます。
」と少し嫌味かなと取れるようなメッセージがきました。

なぜ嫌味に感じたかというと、購入者からの評価が低かったからです。

こちらは「壊れないように」と思ってしてあげたのに、購入者からしたら「取れにくい」「ゴミが増える」と感じたのかもしれません。

そこから、色々と考えて、今では商品にプチプチを巻いて、商品の箱に入れて、もう一度他の綺麗な箱に入れるだけにしています。

自分は、amazonで出品するだけではなく、購入もするのですが、「これダメだろ」と思った梱包が、CDを購入したのですが、封筒にプチプチも巻かずにCDを入れて送られてきた時です。

CDケースは割れ物なので、配送業者がなにかの拍子に落としたり、他の荷物に潰されて、割れるという可能性が少なからずあります。

なので、さすがにこれは良くないと思い、出品者さんに「CDの割れ物系の梱包は緩衝材を入れてこうした方がいいですよ」と指導してしまいました。

出品した相手は、amazonを始めたばかりだったそうで、「勉強になります。
ありがとうございました。
」と返事をもらいました。

amazonで、様々な商品を出品してきましたが、慣れてくると、「これはこの緩衝材と箱でいけるな」というのが、パパッと出てくるようになります。

なので、始めた当初より梱包に困ることは少なくなりました。

でも、洋服などの出品は今でも「どうして送ろうか」と悩むことがあります。

特に冬物。

コートなど冬物の洋服は分厚くなるので、基本的に送料が安くで送れるものも、重量勝ちになってしまい、余計にお金を取られることがあるため、少しでも梱包を軽くして送れるように苦労します。

梱包を軽くして、商品が濡れていたや破れていたなどのクレームになってはダメなので、いつも頭を悩ましながら、梱包しています。

でも、自分が思っていた梱包がしっくり商品と合った時の喜びは格別です。

ある意味、それが楽しみで梱包をしているという部分もあるのかもしれません。

関連記事

  1. 梱包の大変さ、大切さ|FBA出品・納品代行

  2. 【発送問題】amazonへ精密機器を出品|FBA出品・納品代行

  3. 使わなくなったゲームをぼろ儲け|FBA出品・納品代行

  4. 初めてのamazon、ネットamazon|FBA出品・納品代行

  5. 発送完了後にまさかの返送|FBA出品・納品代行

  6. 革の製品は販売が難しい|FBA出品・納品代行