釣り道具をamazonに出品|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私がamazonを利用する際は、大半が購入するほうで、出品することはあまり経験がありませんでした。

しかし仕事があまりに多忙で、趣味の釣りに行けなくなったので、釣り道具をamazonに出品することにしたのです。

ここで問題になったのが、私が所有している釣り道具の多種多彩さでした。

一言に釣りと言っても、釣りには多様なジャンルが存在しています。

例えば淡水と海水、あるいは投げ釣りとウキ釣というように、ジャンルごとに道具が異なるわけです。

その点において私の釣りは、かなり広範囲を行っていたので、そのぶん道具が多くなります。

これらを一括してamazonに出品できれば、一番簡単で良いのですが、普通は買い手が見つかりません。

それでも私は一か八かという気持ちで、一括して出品してみることにしてみたのです。

すると1人だけですが、入札してくれる人が見つかりました。

ただし私が提示した金額よりも、1万円減額の交渉がありました。

1万円は大きな金額ですが、それでも個々に出品する手間を考えると仕方がないと感じたので、減額に応じて契約が成立したのです。

契約が成立すると、発送することになるのですが、私は発送のことまで詳しく考えていませんでした。

まず私がamazonで提示した条件において、送料は無料にしました。

送料が無料であれば、送料を出来るだけ抑えなければ、利益が少なくなってしまいます。

それにも関わらず実際に釣り道具の梱包を始めると、想像以上に量が多くなりました。

まず釣竿の梱包ですが、穂先の細いタイプのものなどは、丁寧に梱包しないと簡単に折れてしまいます。

私も以前にamazonで釣竿を購入したことがありますが、穂先が折れていて料金を返還してもらった経験があります。

その際は相手に文句を言いましたが、自分で折れないようにしようとすると大変です。

試しに厳重に梱包してみると、竿の数倍の大きさになってしまいます。

それでは荷物の量が多くなりますので、送料が高くなって利益が確保できません。

そこで私は馴染の釣具屋さんに行って、釣竿が収納出来るプラスチックのケースを譲ってもらいました。

釣竿を新品で購入する際には、大抵は透明のプラスチックのケースに収納されているものです。

プラスチックのケースにそのまま収納した状態で持ち帰ることもありますが、ケースは不要として釣具屋さんに置いていくことも珍しくありません。

私自身もこれまで釣具屋さんで釣竿を購入したときは、ほとんどプラスチックのケースを釣具屋さんに置いてきました。

釣具屋さんにお願いすると、お馴染みの客ということもあって、気持ちよくケースを譲ってくれました。

そのケースを利用すると、それまでの苦労が半減して、簡単かつコンパクトに梱包することが可能になったのです。

次に苦労したのが、ウキの梱包です。

ウキは発泡剤で作られているものは、丈夫なので梱包も容易でした。

これに対してヘラウキなどは、とても細い構造をしています。

なかでも竹などで出来ているものは、元々の金額が高いので折れたら大きな損害です。

これに関しては、釣具屋さんで相談しても無料では無理だったので、私は百円ショップでプラスチックのケースを購入しました。

百円ショップには、大小さまざまなプラスチックのケースが販売されています。

そのため大小さまざまなウキを所有していましたが、適したケースを購入して梱包することが出来たのです。

このように梱包をしてみると、結局は単身赴任の引越しくらいの量になりましたので、それだけ高額な送料がかかりました。

したがって釣り道具をamazonで売りましたが、送料無料にしたことで、あまり利益は出ませんでした。

しかし落札した方からは、商品が到着後にとても感謝しているという連絡を貰ったので、気持ちは落ち着いています。

関連記事

  1. 梱包作業に四苦八苦!|FBA出品・納品代行

  2. もらい物の着物が嬉しいお小遣いに変わりました|FBA出品・納品代行

  3. 自分の確認漏れで大変に|FBA出品・納品代行

  4. amazonでのセミオーダーの大変さ|FBA出品・納品代行

  5. 古いスマートフォンが売れた|FBA出品・納品代行

  6. 厚み3cm!いけるか!?ゆうパケット!|FBA出品・納品代行