運んでもらえない大きな商品|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

これはもう5年以上前の話ですが、当時購入した倉庫の中身を整理していたところ、段ボール紙に包まれた長方形の大きな物体を発見しました。

物体の大きさは縦2メートル、横1.2メートル、厚さ30センチほどで、重量は50キロはくだらないとても大きなものでした。

段ボールを開封すると出てきたのは木製の立派なドアだったのです。

そのドアは、家の玄関に使うようなドアで、ドア自体は華麗な装飾が施されており、ドアノブも握ってひねるような一般的なものではなく金属製の取っ手で握って開けるような立派なドアノブをしており、一目で高級品だということが分かりました。

しかもそのドアは、段ボールの中でビニールにも包まれていて見るからに未使用の新品でした。

立派なドアで見栄えも非常に良いし、なによりも未使用なのでとてもきれいなものでしたが、実際に使おうと思っても使い道は無いし、知人友人で必要とする人がいないか探してもそうそう簡単に出てくるものではありませんでした。

それならば処分してしまおうと思ったのですが、処分するとなるとある程度小さく切断するなどの処理をしなければ処分費用もバカになりません。

まさしく扱いに困るものだったので、しばらくの間はまた倉庫内で放置していたのですが、いよいよスペースを確保するためにドアを何らかの形で処理しなければいけなくなり、モノは試しと某amazonサイトに出品してみました。

設定は即決価格で18,000円にしました。

出品からしばらくしてなんと、そのドアに入札があり、即決価格で落札されてしまったのです。

これだけなら倉庫から出てきた不用品が非常に高値で売れて、得した話に聞こえますが、実際にはここからがものすごく大変でした。

落札されたからには発送をしなければなりません。

荷物を送付する先は、遠く離れた別の県で、実際にもっていくことはできないので運送屋さんに配達をお願いしなければなりません。

発送にあたり、ドアは出品の為の写真撮影や寸法測定のために開封していたので、再梱包をしなければなりません。

エアパッキン(いわゆるプチプチです)で一度ドア全体を包み、ドアのカド部分を念入りに保護しました。

その上から今度は段ボールを何枚も貼り合わせ、ドア全体を覆っていきます。

段ボール同士は、梱包テープで貼り付けましたが、そのテープも結構な本数をつかってしまいました。

なんとかドアの梱包を行い、いざ運送屋さんを手配しました。

まずは、みなさんおなじみの○ロネコさんに集荷を依頼しました。

ドアを保管している倉庫に到着して、まずは配送品を見てもらいましたが、開口一番「これはうちでは運べません。
大きすぎます」とのこと。

一応は、「配送のプランによっては運べないか?」とか、いろいろ食い下がっては見たものの、ドライバーさんの答えは変わらず、NGとのことでした。

それならば次は、ライバル企業の佐○急便さんに依頼をかけました。

結果は1社目と同じくNGでした。

しかし、佐○急便さんはここでとても耳寄りな情報をもたらしてくれたのです。

「大きいものなら○山通運さんがいいですよ。
こちらに営業所もありますしね」

なんと!同業他社で大物の配送を得意とする運送屋さんを紹介してくれたのです。

早速、○山通運さんに電話をかけ、集荷に来ていただきました。

さすがは○山通運さん。

「大丈夫ですよ。
ちょっと料金がかかってしまいますけど」といって寸法測定と料金算出をしてくれました。

実は、こんな大物の出品をしたことがなく、配送先のこともあまり深く考えていなかった私は、いち早くこのドアを処分したかったので送料を出品者負担にしてしまったのです。

これも大きな失敗でした。

○山通運さんから提示された金額は約16,000円でした。

amazonの手数料や、梱包資材に使った金額を合わせると儲けなんてなく、むしろ赤字寸前でした。

ともかく、送料を支払い、ドアの積み込みを手伝って、何とか発送を終わらせることができました。

送料の面もそうですが、運送会社への依頼の時点でこんなに苦労するなんておもってもみませんでした。

それいらいとても大きなものは素直に処分することにしています。

関連記事

  1. 初めてのamazon|FBA出品・納品代行

  2. 大型の商品を出品する時は箱や梱包作業で苦労する|FBA出品・納品代行

  3. 初めてのamazonに大満足|FBA出品・納品代行

  4. 簡単!amazonで主婦のお小遣い稼ぎ|FBA出品・納品代行

  5. ジャンク品と明記したのに|FBA出品・納品代行

  6. プリウスのバンパー発送の経験談|FBA出品・納品代行