似顔絵屋さんでの苦労話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonを利用して、ハンドメイドの似顔絵を出品しています。

一点、一点手作業での作業で時間と手間は掛かりますが、お客さんにオーダーして良かったと満足して頂けるように日々思考錯誤しています。

好きなことで人から喜んでもらえるので、やり甲斐はあります。

私自身、ネットで商品を購入することが多く、注文したらできるだけ早く届いた方が嬉しいです。

通常のオーダーでも全てが手描きで一色、一色塗るにも時間を必要とする似顔絵です。

少しでも早くお客さんに商品を届けたいなという思いから、お願いされると断れない性格と頑張れば出来るのではないかなという考えで早くほしいというお客さんには可能な限り対応させてもらっています。

もちろん、平等になるようにオーダーした順番通り作業を進めているので、一件だけではなく、初めに入っていたオーダーの作業も高速に進める必要もでてきます。

一度だけではありません。

急ぎでのオーダーを引き受けなければ良かったと作業中に後悔したことが何度もあります。

寝る暇を惜しんで、移動する時間ももったいなくなるくらいの自分との戦いの時間です。

中には、お客さんとやりとりするために夜中まで、やりとりをする為だけに起きていることもありました。

何度後悔しても、無事にお届けし、お客さんに喜んでもらえることで必死で頑張っていたことは忘れてしまい、まるでお産のようです。

事前に防げることなのですが、喜んでもらえることが嬉しくて、ついお願いされると断ることができずに、引き受けてしまい、
自分で自分の首を絞めてしまうことが似顔絵の納品での苦労話になります。

後悔の中で、「スムーズにやりとりができた場合」など文章を付け加える事前にお客さんにも急いで動いてもらえるようにしました。

オーダーを受け、打ち合わせをしている途中で音信不通になってしまったり、中には、下書きを書き確認してもらった段階でそのままになってしまったお客さんもいます。

こちらとしては、キャンセルがない限り何か事情があって返事を返すことができないのかなと思ってしまい中々作業を進めることができずにモヤモヤしたこともありました。

何も返事がないからといいこちらから削除してしまうことは、お客さんにとって失礼なことだと思うので。

途中で購入する意思がなくなってしまったお客さんもいましたが、実際、体調を崩してしまいやりとりが中途半端になってしまい申し訳なかったというお客さんもいました。

顔が見えないやりとりなだけに、言葉遣いや対応など気を遣います。

そして、お互い気持ちよく取引がしたいので「一週間音沙汰がない場合、キャンセル扱いにします」と文章を付け加えることにしました。

やりとりの文章で気をつけていることがあります。

それは、短い文章を書くことと重要なところは漢字やカタカナなど受ける印象にも考慮してお客さんが理解しやすいようにしています。

そして、お客さんが気になった事は気軽に聞いたり、指摘しやすいようにこちらから言うようにしています。

梱包は似顔絵が汚れたり、曲がったりしないように段ボールで補強したり、クッション材を入れたりと工夫しています。

送料を抑えたいので、似顔絵のサイズに合わせて、段ボールをカットする作業が地味に手間が掛かります。

そして、宛名書きです。

手書きで書いているので、複数発送する作業がある際には特に間違って発送することがないように細心の注意を払います。

書いても無意味なのは分かりますが、封筒には「折り曲げ厳禁」という文章も配達の方に大切に扱ってくださいとお願いの意味も込めて書いています。

納品や梱包、発送など日々思考錯誤しながら、最初の頃に比べると苦労が反映されていると思います。

関連記事

  1. 梱包は一つ一つに手間がかかる|FBA出品・納品代行

  2. ミリタリーのアンティーク商品の納品、梱包、出荷について苦労した話|FB…

  3. 自分の出品したものはしっかり確認を|FBA出品・納品代行

  4. Amazonは一長一短のショッピングサイト|FBA出品・納品代行

  5. 身近な資材を上手に再活用する梱包術|FBA出品・納品代行

  6. 学生時代の参考書をamazonで出品すると…|FBA出品・納品代行