革靴の梱包とクレーム対応について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

こんにちは、YMSです!

本日は、amazon出品者の立場で実際に経験した梱包の難しさについてお話ししたいと思います。

僕は、今社会人7年目ですが、大学生のころから革靴が大好きで、特にジェームズボンドへのあこがれが酷く、John LobbやEdward Green、Crockett Jonesなどの革靴を買っていました。

2012年当時は、イギリスポンドがかなり低い水準で推移(120円とか)しており、当時イギリスへの旅行に行くたびに、ノーザンプトンにある靴メーカーのファクトリーストアで買い出しに行ってました。

そんなこんなで僕の家のシューズボックスは革靴でいっぱいになり、今の嫁からは、そんなに靴を置いてどうするのかとクレームの嵐の毎日です(泣)

そして、僕は目覚めました。

そう、今だったら高く売れんじゃね?

と。

という事で、僕はいわゆるamazonに手を出し、これらの宝物たち(嫁に言わせればゴミ)を売って行く事になったのです。

まず、初めに登録がめんどくさい、、、そして、登録したらしたでアラートがうるさい。

まぁこれは、どんなことでもそうですけど、始める時が1番しんどいですよね。

ということで、まずは、ジョンロブのシティ2という今だったら定価18万円ぐらいする(購入価格:4万円とかw)革靴を購入価格の4万円で売ってみました。

履いたの、15回ぐらいかな。

なんかもったいなくて履けなかったww

そして、売り出してみると、なんとなんと、瞬く間8万円を超え、10万円まで届くところになりました。

残り1日、まだいけんじゃねって思ったら、結果12万円で落札いただきましたー!

いやー、ありがとうございました。

そして、気になる梱包。

家にあったプチプチにしっかりくるんで、残していた空箱に入れて、郵便で無事に送りました。

ここまでは順調だったんですよ、ここまでは。

郵便で出した後、落札者様からご連絡が入りました。

「革靴に傷が入っているから返品したい」

えーーーーーーーーーーーー!!!!ですよね。

だって、革靴好きな僕が、わざと革に傷をつけるなんてあり得ませんし、お前が後からつけたんちゃうんかー!って思うほど。

考えられるのは、梱包して出荷した後です。

なんでこんなことがおこるのか。

でも、まぁ考えてみたらそうですよね。

だって12万円出して履こうと思っていた靴に傷が入っていたら、おれもたぶん文句言うよな、と。

でもいわゆる、「ノークレーム・ノーリターン」と先人たちに倣ってやっていたのに、中古品にもかかわらずクレームを入れられてしまいました。

こういう時ってどうすればよいか分からず、仕方なく落札者様のクレームを聞き、泣く泣くシティ2は手元に戻ってきたのでした。

弱すぎる出品者。

かわいそうな革靴。

怒る嫁。

僕の立場は家にありませんでした。

結果、もう一度出品した時に、この傷の部分の写真を載せました。

すると、値段は9万円で落札。

あれ、あの12万円で競り合ってくれてたみんなどこにいったんだい?と思いましたが、もう仕方ない。

だって、嫁が怒ってるんだもん。

やはり学びとしては、amazonサイトを利用する際は、まず自分での検品をしっかりやって、完璧な商品であることを見せる事が大事なんだなという事。

今回の僕のケースでは配達中の事故(というかかすり傷)が原因でしたが、そうした場合は、自分の責任ではないと言い張れる。

でも、何の写真もなく、出品者が落札者をだましたという言いがかりをつけられないためにも、出品者がしっかりと商品の説明、写真、そしてノークレームノーリターンであることを注意書きに載せておくなど、しっかりとした事前準備をしないとなと痛感しました。

この記事で少しでも多くの人が気持ちよくamazon取引が出来ればと思います!

関連記事

  1. LEDのアームライトをamazonで売った|FBA出品・納品代行

  2. 落札後に色々と言われて…|FBA出品・納品代行

  3. ハンドメイドアプリでの苦労|FBA出品・納品代行

  4. amazonの出品について|FBA出品・納品代行

  5. 大型商品の発送は大変でした|FBA出品・納品代行

  6. 商品内容の表記ミスや確認|FBA出品・納品代行