発送が遅れてクレームを受けました|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonで商品を落札すると、商品が到着するのを待って、商品の状態を確認するだけで済みなす。

これに対してamazonに出品する側は、落札されたことを確認して、すぐに商品を梱包のうえ発送しなければなりません。

そのため商品を出品すると、常に落札されていないかをチェックし続ける必要があります。

amazonサイトからは、メールで落札されたことを知らせる連絡が届きますが、生活していればすぐにチェック出来るとは限りません。

私があるファンヒーターをamazonに出品したときも、amazonサイトからの連絡をチェック出来なくて、トラブルになったことがあります。

ファンヒーターを出品して3日が経過した日に、突然会社から出張するように言われました。

出張先は遠かったですし、現地で取引先と何度か懇談するために、2週間は自宅に帰ることが出来ません。

そうした出張先に向かうために飛行機に搭乗すると、amazonサイトから落札の連絡がメールで届きました。

しかし私は仕事に気が向いていたこともあって、そのメールが届いていることに気付かずに、3日後にメールを読んだのです。

3日間も放置していたことになりますので、その時点で何度か落札者とamazonサイトから連絡が届いていました。

そのためすぐに落札者にメールで、出張しているためにさらに10日間程度は発送できないことを連絡しました。

すると落札者からは、落札から発送まで2週間も掛かるというのは遅すぎるので、そのぶん値引きをしてもらいたいと言われたのです。

明らかに私のほうが悪いわけですから、2万円で出品したのですが、5千円値引きすることを連絡しました。

5千円というと全体の4分の1当たる相当な金額の値引きですから、落札者も納得してくれるだろうと思ったのです。

それにも関わらず落札者は、それぐらいの値引きは当然だと言って、もっと値引きしてほしいと言ってきました。

送料も無料としていましたので、さすがにこれ以上の値引きをすると、実質は1万円しか手元に入らないことになります。

出品したファンヒーターは、電気店で半年前に購入したもので未使用のものですから、電気店で購入すると今でも3万円以上するはずです。

そのような商品をこれ以上値引きすると、何のために出品したのか分からなくなるので、これ以上の値引きは断りました。

落札者のほうもこれ以上の値引きの交渉は無理と判断したのか、1万円の値引きで最終的には納得したのです。

出張から帰宅すると疲れて眠りたいところでしたが、すぐにファンヒーターを梱包しました。

梱包は購入したときの箱が残っていたので、それに入れてから更にプチプチのクッションを巻いて発送したのです。

商品を受け取ったという連絡が、amazonサイトを通じて入ったので安心していましたが、落札者から再びクレームが届きました。

内容は落札してから商品を受け取るまでに、約束した2週間をさらに5日間も遅れたので、もっと値引きをしてほしいというものです。

私が発送の手続きをしたのは近所のコンビニで、出張から帰った日の夕方に行いました。

夕方に手続きをしたのですから、運送会社に手渡されたのは、翌日になっていたことでしょう。

そこからターミナルを経由して落札者に届くわけですから、5日経過しても不思議ではありません。

そうした状況を分かっているはずなので、落札者はクレームを言って値引きを言ってきたわけです。

そこで私は、そうした過度なクレームには応えることは一切出来ないと、落札者に連絡しました。

するとその後も何度か値引きを言ってきましたが、最終的には諦めて取引を終了することが出来たのです。

したがって過度な値引き交渉には、一切応じないという態度を示すことも、出品する際には必要だと感じました。

関連記事

  1. ネットamazonでモニタを売った時の話です|FBA出品・納品代行

  2. amazonは発送時の梱包が大切!|FBA出品・納品代行

  3. サーモスは便利だが使うのに飽きた|FBA出品・納品代行

  4. amazonで赤字になった…|FBA出品・納品代行

  5. アコーディオンってどうやって包むの?|FBA出品・納品代行

  6. amazonの苦労点|FBA出品・納品代行