届くかドキドキした初コスメ出品|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

これは私が実際に始めて割れやすいコスメを出品した時の梱包や発送で困った話です。

同じ色のチークが増えてしまったので、amazonで一番使っていないキャンメイクのグロウフルールチークを売ろうと考えamazonに出品しました。

お客さんもついて、いざ発送しようとなった時にグロウフルールチークの厚みが結構あることに気がつきました。

測ってみると約2センチとちょっと、送ろうと思っていた発送方法は2.5センチの厚みまでのネコポスのamazon便(ヤマト便)でした。

衝撃を抑えるプチプチ(緩衝材)を割れると怖いので少し厚めのものを使用しようと思っていたのですが、プチプチで包み梱包すると、厚みがネコポスの規定サイズを超えてしまうことが分かりました。

そのまま封筒にいれて、発送してしまえば全然サイズ的にオッケーなのですが、amazonは評価が最後にありそこの評価が悪いことを気にする方が大勢いらっしゃるので(私もあまりにも悪いと気にして購入を延期します)低評価はつけられたくないなぁどうしようかな、緩衝材はマストで必要だよなと思いました。

まだ、amazon初心者ですし住所が相手の方にバレるのがとても怖いと感じていたので匿名配送ができるヤマト便を使いたかったのですが、サイズが大きなものを送るわけでもなく、重さもオーバーしているわけではなく、ただ厚みがオーバーしているだけなのにサイズを1つあげると、195円が380円プラス専用ボックス代65円の合計445円に値上がりする、、、250円の値上がりは高い、高すぎると思い自問自答を数分繰り返しました。

プチプラな化粧品ですので、高値で売れたわけでもなく発送を大きなサイズに変えると、「売上金どこですかー?消えましたかー?」の状態になることが目に見えていたので、発送方法を変えることはあまり乗り気じゃないなどうしようと考えていた時に、最近楽天で買った化粧品が入っていたプチプチが内側に張り付いている袋を捨てずにとってあることに気がつきました。

確かこの袋は割れそうな柔らかいアイシャドウが入っていた袋だったから、この袋なら発送中に割れたりすることもないし、中にプチプチの緩衝材がくっついていて少し厚みも抑えられるしと思いその袋に入れて送ることに決めました。

しかしまたここで問題となったのが、厚みがやはりギリギリということでした。

この袋でも厚みがギリギリなのか、予想外だなと思いつつ、ぎゅっと抑えれば2.5センチで規定内、しかし少しでも空気を含んでしまうものなら超えてしまうという現実を突きつけられました。

そこでローソンと郵便局から発送できるゆうぱっく便というサービスに切り替えるかどうかを悩みました。

というのも、ゆうぱっく便の一番小さいサイズは厚みが3センチまで対応しているからです。

そして値段もゆうぱっく便の方が20円安いです。

ただ、私の場合は20円のお金をかけてでも近くの無人のボックスに預けておけば伝票を貼って届けてくれるシステム(PUDO)が近くにあり、そちらを使いたかったのでなんとしてでも2.5センチ以内に収めたい気持ちがいっぱいでした。

混んでるコンビニのレジでamazonの伝票用の袋を貼り付けて、伝票をその場で3分割して入れてと言う作業をしなければならないコンビニ出品は以前伝票を焦ってビリビリにしたことがあり、あまり使いたくありませんでした。

郵便局まで行って出すもしくはローソンに行きあの混んでいるレジでアタフタしながら出すのは気がひけるなぁ、だったら近くのPUDOのボックスに入れたいなぁと思い(あまりコミニケーションを取らずに出品がしたかったです)一か八かヤマト便のネコポスサイズとしてPUDOのボックスに入れることにしました。

結果として見事サイズ問題はクリアし相手の方に無事届きました。

評価も一番いいものをもらえて嬉しかったです。

ですが、今後は一旦発送用の袋に入れてから出品の金額を決めようと心に決めた瞬間でした。

関連記事

  1. ガンダムのプラモデルでYahooamazonで売ろうとしたときの話|F…

  2. 輸入玩具を出品したら著作権侵害で訴えられた|FBA出品・納品代行

  3. amazonが主流だった時代|FBA出品・納品代行

  4. ブランドバッグの取引でのクレーム|FBA出品・納品代行

  5. 革靴の梱包とクレーム対応について|FBA出品・納品代行

  6. amazonを初めて使ったとき|FBA出品・納品代行