緩衝材とダンボールの大きさ選びは大変|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonなどamazonを利用して不用品を売っています。

そんな時に、非常に悩ましいことが配送する際に使用する緩衝材です。

食器などの割れ物や家電などの精密機械を送るときに梱包することにかなり苦労します。

その大きな理由は、大きさと重さによる価格の違いです。

緩衝材を多く使用するほど大きな箱に梱包しないとなりません。

さらには、緩衝材ともいえども入れすぎるとかなり重さが出てしまい送料が高くなります。

だからっといって緩衝材を使用しないと失礼にあたりますし、何と言っても壊れることで売れなくなったり評価が悪くなります。

商品自体に緩衝材を巻くことは当たり前ですが、その包装がかなり苦労します。

ちょうどいいサイズの緩衝材を探さないとなりません。

100円ショップなどで購入しますが、サイズを計って梱包する作業にかなりの時を有するので売れてから負担が大きくなります。

緩衝材をいれることで配送時の衝撃緩和になることは間違いありませんが、逆に受取相手のごみが増えるという問題が発生します。

以前もお皿を販売した時に、梱包を念入りに行うと相手の評価が梱包が多すぎて開封に困りましたという意見を頂いてしまいました。

こんなこともありますので、ちょうどいい量を配送することも苦労します。
誰かに頼めるのならばそう言ったサービス利用したいと思うほどです。

また、緩衝材を巻いて箱に入れるときもどのサイズの箱を利用すべきなのかとても迷います。

せっかく巻いた商品を大きな箱に入れてしますと配送時に揺れてしまい商品に傷がつく可能性が高くなります。

大きな箱にすれば配送時の衝撃を和らげるために商品と箱の隙間にも緩衝材が必要となりこれまた緩衝材を確保する必要することがあります。

そうなってくると緩衝材を多く保管、調達する必要があります。

時間も多くかかりますし、お金の負担もかなりあります。

せっかくamazonで販売した商品の利益が少なくなってしまします。

さらには、大きな箱に入れれば入れるほど送料が高くなります。

荷物の重さも重要な項目ではありますが大きなを少し大きくなるだけで料金が全く違います。

縦、横、高さによる計測で料金が変わります。

少しでも小さいほがを安く送ることが出来ますのでできるだけ小さくまとめたいと思っています。

しかしながら、商品にちょうどいいサイズの段ボールなどを探し出すことは困難です。

スーパーなどで段ボールを頂きますが、大きさがバラバラですのでどのサイズが良いのかわかりません。

さらには、頂いた段ボールが配送のどのサイズに適応することがわからないとの家に戻り梱包してから計測しないといけません。

この作業がとても面倒で不便で困っています。

時々、ヤマトや郵便局の人のアドバイスが欲しいなと思うことがあります。

たまに、60サイズと思ってヤマトに持ち込んでも計ってもらうと一つ上の80サイズになっていることもありとても不便です。

梱包を頑張っても何もならず、自分の負担が増える一方で梱包が面倒なのでamazonをやめようだとか利用する頻度が減ることもあります。

さらには、売りたいものがたくさんありますが、送料が高くなるとおもったり梱包が難しいと考えて出品することをやめることがあります。

例えば、カラーボックスや衣装ケースを売りたいがバラバラに解体して配送した方が良いのか組み立てたまま配送する方がいいのか迷ういます。

もし仮に、そのまま解体せずに配送するとなればかなりの大きさになります。

これを梱包することは不可能ですし、そんな大きな段ボールを手に入れることは間違いなくできません。

そうなると、大きくて重たい商品を売買することは難しいです。

梱包に対する問題はamazon利用する時には付き物だと考えてます。

関連記事

  1. 売った商品はまさかの偽物!?|FBA出品・納品代行

  2. ゲームソフトのバージョンが違う|FBA出品・納品代行

  3. 身近な資材を上手に再活用する梱包術|FBA出品・納品代行

  4. 資材購入…綺麗に梱包など、amazonは梱包が大変|FBA出品・納品代…

  5. amazon初心者の苦労|FBA出品・納品代行

  6. 絵画を納品したら割れていたとのクレームが|FBA出品・納品代行