簡単そうな婦人服の梱包に骨が折れる|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonamazonが好きで購入もしますが出品者として日々頑張っています。

出品数が300点を超えたくらいから毎日のように購入され毎日のように発送しています。

主に郵便局を使っているのですが、ゆうぱっく便がとても便利でなおかつリーズナブルなのでだいたいの物をゆうぱっく便で発送します。

ゆうぱっく便は発送から到着までの間にトラブルや事故があればその代金を保証してくれるので大変便利。

定形外や普通郵便で発送した場合、何かトラブっても保証がないからできる限りゆうぱっく便を使って発送するようにしています。

自分の安心のためでもありますが購入者だって保証があった方が良いに決まってますよね。

ゆうぱっく便の特徴としてアプリ内に荷物が今どの辺にあるのかが表示されます。

取引画面に荷物が到着したのか持ち帰りになっているのかが表示されるので、荷物が届いているのかまだなのか心配しなくてすむ。

そんなところも悠々amazon便の強みかなって思います。

さて、そのゆうぱっく便ですが、何が大変かって服の梱包が大変なんです。

私が出品している物の8割が婦人服。

ですから梱包も婦人服がほとんど。

婦人服の梱包なんて簡単じゃんと思ったら大間違い。

一歩間違うとクレームの対象になりやすいのが婦人服です。

購入者によってはたたみみじわがついていたとか、圧縮したようになっていて気分が悪いとか普通にクレームを出すことも。

amazonで出品する中古品だからたたみみじわもあれば保管中のニオイもある。

新品未使用ではないからそれなりですし、梱包のやり方は素人なのでプロのそれとは違います。

そういうことを了承してもらった上で購入され発送にうつるのですが、神経質な人はどこにもいます。

私は自分の評価にひびいてしまうことを考えて婦人服の梱包にも手を抜かないように神経をすり減らしています。

たとえば、生地が薄い服はA4サイズ厚さ3センチ以内に余裕で収まるため余裕を持ってたたんで梱包します。

ブラウス1枚くらいならシワが出来ないようにふんわりたたんで透明ビニールにいれ、そこから中の物が見えない袋に入れて発送。

規定のサイズに余裕で収まる場合こんな風にラクに梱包できます。

しかし、秋冬物の婦人服はこうはいきません。

生地が厚くなればA4サイズ厚さ3センチは難しくなります。

そのサイズに収まれば送料175円でですむためこちらとしてはなんとしてもそのサイズ内に収めたい。

だから出来るだけ服を薄くしようと圧縮する勢いで梱包。

水濡れ防止の透明袋に服を入れてから両手のひらで袋を押さえて中の空気を抜いていきます。

この作業がとても大変で中の空気が簡単に抜けてくれたことがなくハラハラするのです。

一見簡単に見えるようですが、掃除機を使うなど道具を使って圧縮する作業と違って自分の体重だけ使う圧縮は大変。

へたすれば透明袋がしわしわになってしまうからしわが寄らないように両手のひらで押さえつけるのです。

もっと簡単キレイに圧縮できる方法があれば使いたい・・・。

いろいろ試してみたけど、手のひらに体重をかけ徐々に中の空気を抜いていく方法が1番キレイ。

だけど毎日のようにやっていると手のひらや指が痛みます。

ゆうぱっく便の次料金が300円台になってしまうためなんとか175円でおさまるように四苦八苦・・・。

簡単に梱包できると思われている物でもそれなりの苦労はありますよ。

大物の梱包作業も簡単じゃないけど大物はあらかじめ送料負担を考えて価格設定しているので・・・。

よく売れる婦人服はたくさん売っているとサイズ感が分かってきますが、それでもたまにサイズ感を間違えドキッとするのです。

関連記事

  1. シリアルがある商品の扱いの難しさ|FBA出品・納品代行

  2. amazon利用時の心構え|FBA出品・納品代行

  3. amazonで発送した商品のクレームが入った時のトラブル|FBA出品・…

  4. 初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行

  5. ブランドバッグの取引でのクレーム|FBA出品・納品代行

  6. amazonにて衣類関係を出品しています|FBA出品・納品代行