サイズギリギリを攻める梱包|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonは断捨離等で頻回に利用させてもらっています。

リサイクルショップや古本屋に持っていくと、
あれだけ持っていったのに数百円。

持っていったのに全部持って帰るのは大変なので、
仕方なしに売却して帰りますが、
残念な気持ちになって帰ることが多いので、
amazonをよく利用するようになりました。

私が発送する際に特に梱包に困る点としては、
大きく分けて2点あります。

60 80サイズなどギリギリの箱に入っているフィギュアや食器などの物を、
いかにサイズを上げることなく同サイズで発送させて送料を抑えるかということに苦労します。

段ボールはあらかじめ大きさが決まっているので、
いかに同じくらいと箱を見つけてくるかが重要だったり、
時には段ボールを適切な大きさに切り、
ガムテープ等で補強して発送することも必要になります。

食器や壊れやすいものであればクッション材に包み梱包が必要になるため、
さらに大きさが増してしまい、
当初予定していた大きさよりも大きくなってしまうことがあります。

ですのでおおよそな見積もりは大切になります。

この辺りを押さえておかなければ、
発送の際に利益プラス送料も引かれ手元の利益はすずめの涙なんてことはよくある事だと思います。

そうならないためにもサイズがいくつで、
どのようにしたら送料を抑えられるかを考える必要があります。

あまりにも箱が大きく中身が小さいおもちゃ等場合は、
説明文に箱から出して発送しますと記載したり、
箱は折り畳めるギリギリまで折りたたみ発送したりと工夫して発送することも必要になります。

時々箱いらないので割引きをとお値段交渉をという方もいらっしゃるので記載しておくのも一つの手です。

次に苦労するのは、普通郵便の発送です。

小さいものに関してはポスト投函で発送したいものですよね。

しかし、
こちらに関しては家の測りを使用してグラム数を測り、
封筒に入れ切手を貼り発送をします。

定型内や定形外、
ゆうパックやレターパックなど、
沢山の発送方法があり、
どの選択肢を選ぶと良いかと迷うと思います。

封筒の大きさで送料も変わってきたり、
厚さや重さでも変わるため、
この発送方法で良いのかと1人では迷うことが多々あります。

グラム数が少しでもオーバーしている状態でポスト投函すると
送り主に戻ってくるもしくは相手に送料の不足分を払ってもらうという形になり、
発送や受け取りが遅れたり、
評価を下げられてしまったりと不安要素もあるので、
郵便局に出向き発送することがお勧めです。

必ずしも、amazonサイトの独自サービスの〇〇便を使うことが1番安いとは限りません。

ですので余裕がある方に関しては、
郵便局がやっている時間帯に出向き、
小さいものであれば、
コンパクト発送ではなく局員さんに相談するのが1番良いと思います。

梱包の方法に関しては、
キャラクターカード等であれば、
趣味で集めているコレクターの方もいらっしゃるので、
適当な発送は要注意です。

まずはスリーブというカードが傷つかないビニール袋のような物に包み、
それを厚紙で挟み配達途中で折り曲がらないようにした
り、
また封筒が雨の日で濡れて中身に染みないようにビニールをかけたりと、手間をかける必要もあります。

また衣服の発送の場合は、
頭が出てしまうのでジップロック等にいれて軽度圧縮をし厚みを抑えて発送する必要があります。

衣服は特にポスト投函するには梱包をしっかりしておかないと雨の降っている日等にポストからはみ出て濡れた部分から中に染み込んで服も濡れるなんてこともよくあるので、
しっかり濡れないように対策をする必要がありますのでご注意ください。

衣装が私が梱包や発送の際に困ることです。

参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 輸入玩具を出品したら著作権侵害で訴えられた|FBA出品・納品代行

  2. マニア向け商品の梱包|FBA出品・納品代行

  3. 味を占めてしまいそうな転売ができてしまった|FBA出品・納品代行

  4. 遺品整理がきっかけで、Amazonで本とCDを販売することとなった話|…

  5. amazonでのカード販売|FBA出品・納品代行

  6. amazon『amazon』【ゆうぱっく便】の注意点|FBA出品・納品…