車のマフラー梱包と段ボー|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

車のマフラーを梱包し、段ボールで詰める作業とそれをどの業者のどこの営業所に持っていくかを探すのが大変でした。

まず、マフラーの梱包ですが、サイズがかなり大きくそれを包めるプチプチがありませんのでそれを買いにいかなければなりませんでした。

梱包をするとき商品を傷つけないようにしたいのですがマフラーの重量が10キロ以上あるものでぶつけないように持ち上げるのが大変でした。

個人売買ですが商品ですので丁寧に包み込まなければならないという点も苦労しました。

次に段ボールです。

サイズが縦×横×高さが200のサイズを越える商品でしたのでそのサイズにあう段ボールを探しにいきました。

業者に置いてある段ボールだとギリギリ入らず断念し、スーパー等で入手出来ても200を詰め込める段ボールサイズは見つかりません。

車のパーツ中古販売店にいけばあるのでは無いかと思い車で30分かけてショップへ行きました。

ようやくそこで200を越えるサイズを詰め込める段ボールを入手することが出来ました。

家へ持ち帰りさっそく梱包。

段ボールの組み立てを行い梱包したマフラーを詰め込むだけだと思ってました。

が、思わぬアクシデントが発生しました。

マフラーが重すぎてつい不注意で体がフラッとしてしまい、段ボールを踏みつけてしまって段ボールの原型を崩してしまいました。

せっかく30分もかけて探しにいってようやくみつけたのにショックでした。

後日また段ボールを譲っていただいたショップへ行き200のサイズを越える段ボールがないか探しにいきましたが上手いことは行かず、ありませんでした。

注文も確定して早く出荷しなければならない状況でしたので焦りました。

そこで、思い付いたのは、原型を崩してしまった段ボールの部分を同じ面の大きさになった段ボールで補強してみようという作戦です。

意外にも一枚の段ボール板で同じ面の大きさはスーパーの段ボール置き場にたくさんありました。

この段ボールで補強を開始、10分程で補強が完了しました。

補強完了後今度は落ち着いてマフラーを詰め込む作業に入ります。

マフラーを詰め込むことに成功しました。

マフラーを梱包しましたら、次は業者選びです。

この業者選びも大変でした。

amazonで出品することは可能なサイズなのですが、
アプリを通じてお願いできるサイズでは無いので自分で探していかなければなりません。

マフラーの出品は購入者との交渉の末こちらが負担することになりましたので出来るだけ安く済ませたいと思い安いのはないか探しました。

どこからどこへ発送しサイズはこれくらいというのを自分で調べて料金が出てきます。

サイズは分かっていたのでここはスムーズに行きましたが、何社か業者を調べていたのでそこに時間がかかってしまいました。

業者を探せたら今度はそれを持ち込みに行かなければなりません。

何十キロとあるマフラーを車に詰め込むのが結構大変でした。

腰を痛めるのではないかと思うくらいで出来れば自分ではやりたくありません。

マフラーを梱包した段ボールを車に詰め込めたら出発です。

10キロも無い距離に営業所があったのですぐに出発しました。

しかし、最後の最後で待っていたのは事故渋滞です。

不運の連続に見舞われました。

全く進みません。

トラックが横転してましてそれが二車線を塞いでしまってました。

引き返そうと思いましたが時既に遅しということで、
後ろからもうたくさんの車が止まってまして前にも後ろにもいけない状況になってしまいました。

警察が来て消防隊がきてレッカーが来てトラックを引き上げて2時間の立ち往生でした。

幸い午前中に出発しましたので受付終了までにはなんとか持っていくことが出来ました。

関連記事

  1. 落札者都合で自転車の出荷に苦労した話|FBA出品・納品代行

  2. 絵画を納品したら割れていたとのクレームが|FBA出品・納品代行

  3. amazon初心者の苦労|FBA出品・納品代行

  4. カードが折れないか心配|FBA出品・納品代行

  5. 自分史上で最高額の転売品|FBA出品・納品代行

  6. プロレスのポスターとかもいい感じに売れます|FBA出品・納品代行