さまざまなサイズの発送手段|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonやamazonは、とても便利です。

自分が不要な物でも、他人にとってはとても欲しい必要な物であるからです。

商品を撮影、amazon上にアップ、商品説明文を入れ、金額を設定し、誰かが買ってくれるのを待つ。

その待っている間は、ドキドキもしますし、ワクワクもします。

そこで問題なのが、発送方法です。

A4サイズにおさまり、厚みも無い物であれば、迷わず最安値で発送できるのですが、少しでも大きかったり、厚みが既定よりも少しオーバーしている場合、発送方法の変更をせざるを得ない時もあります。

サイトによっては、購入確定後に発送方法を変更する事が可能ですので、その際は、購入者と直接やりとりをし、住所を聞いたりできます。

ただ、自分が登録している物の1つ、楽天のamazonの場合は、一旦購入が確定し、購入者からの入金を終えると、そこから先の発送方法変更が、簡単に画面上ではできないのです。

amazonですと、例えば普通郵便で送る予定だったが、ゆうぱっく便で送る様に変更したい場合、変更可能なのです。

形が複雑で、定形外で送る予定にしていた物を、梱包してみたら、規定サイズにあてはまると言うケースもあります。

その場合、発送方法を購入確定後に変える事ができるamazonは、初心者でも分かりやすいですし、一度のミスも許されないサイトですと、梱包したものを確実に重さとサイズを、測ってから、商品の掲載をすることをオススメします。

私の場合、大分慣れてきているのもあるのかもしれませんが、つい、少し厚めでも、郵便局からではなくコンビニから発送すれば、見逃してくださるのではないかと言う、少しずるい考えをもってしまいます。

その結果、過去に、一度発送したものの、不備で、返送された商品もあります。

自分でも、分かっていながら、大量の郵便物から、少々規格外だったとしても、チェックスルーで無事届けられる場合もあるのではないかと、郵便局での人の作業に差がある事も、返送された時に感じました。

と言うのは、ほぼ同日に、コンビニより同じ商品を送ったのですが、1つは返送され、もう一つは、購入者の元へ、そのまま届いたからです。

郵便局での荷物の流れは直接見たことがないので、あくまで想像の領域ですが、細かくチェックされる人と、目視でだいたいのサイズでチェックOKと、通してしまう人と、さまざまなのだと思いました。

送料込みで商品を出品し、売れるのは嬉しいですが、出品者としては、少しでも送料を安くおさめたいものです。

その場合、どの種類の発送方法が一番良いのか、皆さん頭を悩ませる部分だと思います。

安く済ませたい場合と、匿名でどうしても送りたいと思う方、コンビニで遅い時間に発送ができるので、郵便局の定形外郵便を選ばない方もいると思います。

出品者と購入者が、常に心地よい取引をする為に、メッセージを送り合ったりとコミニュケーションが大切です。

短い間だけの取引ですが、商品が届いた時点で購入者から評価がつきます。
その評価次第で、他の購入者が自分の出品商品を買いたいか、購入決定しようか、判断する基準でもあります。

中には、同じ商品をいろいろな方が出品しているので、その中で自分の商品を買って頂く為には、評価は良いにこしたことはありません。

素人の出品ですと、梱包資材が足りず、ついずさんな梱包になっている方も見受けます。

他の方がどのように発送しているかを、自分が購入した際は、見るようにしています。

お互い気持ちの良いやりとりをする為に、梱包方法、発送方法は、とても大事だと、過去の取引を振り返り、思いました。

過去の失敗を、今後はしないよう、丁寧な取引を心掛けたいと思います。

関連記事

  1. 出品から取引完了まで|FBA出品・納品代行

  2. ハンドメイドアプリでの苦労|FBA出品・納品代行

  3. 売った商品はまさかの偽物!?|FBA出品・納品代行

  4. 包装や郵送でのポイント|FBA出品・納品代行

  5. amazonを使い始めたときにやらかしたこと|FBA出品・納品代行

  6. メッセージでのやり取り|FBA出品・納品代行