梱包とクレームへの対応|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

梱包について苦労した話。

出品している商品が売れたら、商品を梱包しなくてはならない。

amazonには商品を発送する手段は様々な方法があり、発送する場所も日本各地のセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアや、郵便局から発送する方法がある。

そのコンビニエンスストアや郵便局から発送する際は、それぞれコンビニエンスストアの中でも、郵便局でも発送する商品の梱包の規格や料金は様々である。

出品している商品が300円の際に、例えばファミリーマートから発送しようとしたとしよう。

その商品がA4サイズ以内に収まり、厚さが2.5センチメートル未満ならばネコポスという発送方法で送料が出品して売れた商品の値段より安くで利益を出しつつ発送することが可能である。

しかし、ここでこの商品がA4サイズに収まらなかったり、厚さが2.5センチメートルを越えてしまった場合は普通郵便などに発送する方法を変える必要性がでてくる。

その時に、大体の場合は、厚さがたった数ミリ越えていた、A4サイズより数ミリ大きかった場合であっても、送料が多くかかってしまうのである。

そうなると300円の商品を出品してせっかく買い手がついて売れても、送料の関係で利益がなくなるどころか赤字になってしまうのだ。

このことに気を付けながら出品していても、いざ梱包となると、案外はみでてしまうときがある。

そのときは、梱包する時間や材料はもちろん、赤字になってしまう。

なので、出品する際には、もし自分自身で送料を負担するのであれば、送料と商品の値段との折り合いを予測して商品の値段を決定したりしなければならないところが大変である。

送料のことを考慮して高めに商品の値段を設定すると買い手がつかず本末転倒になってしまうし、かといって購入した側に送料を着払いで負担してもらうように設定しても、自分には送料を踏まえた商品の値段のことや梱包のことを考える手間が省けて気にしなくてはいいというメリットができるが、購入する側からは自分が購入する値段プラスで送料のことを考えなければいけないので、購入するハードルがぐっと上がってしまう。

こういった面が梱包の困ったところである。

つづいてクレーム対応についてだ。

取引をしていると、梱包についてのクレーム、届いた商品が台風や災害で濡れていた、や、届いた商品が説明と違うなどのクレームに遭うことがある。

利用しているフリーマーケットアプリの事務局の対応の評価が高いアプリならば、クレームにあっても多少はどうにか対応できるが、低いアプリならばとても大変な目にあってしまう。

このような目にあわないために、あらかじめプロフィール欄などに注意書をしているユーザーもみられるが、その利用しているフリーマーケットアプリの規約に違反してしまう可能性もあるため、独自のルールや注意書にも気を使わなくてはならないのが難しいところとなっている。

また、クレーム対応も、みずから相手と連絡をとりながら双方の折り合いをつけなければいけないので、自分自身の時間も取られてしまったり、精神的なストレスになったり、お金がかえってこなかったりなかには返品すらされないケースもあるなど心労が多くなってしまう。

悪質なユーザーなどとトラブルに陥ってしまうと商品がすり替えられて返品されたり、代金を支払わずに品物だけとられてしまうこともあるようだ。

取引の際、相手がどのような人物であるかを詳しく知りながら取引できるわけではないので、毎回、様々なケースを予測して細心の注意をはらって取引を行わなければならないというところが細かい気配りが苦手なユーザーや面倒だというユーザーには困ったところだ。

関連記事

  1. 頑なに自宅への発送を拒む人|FBA出品・納品代行

  2. 100円で買ったのに!|FBA出品・納品代行

  3. 【奮闘】梱包・集荷について|FBA出品・納品代行

  4. amazon【amazon】で苦労した話|FBA出品・納品代行

  5. amazon出品デビュー!荷物のサイズって難しい|FBA出品・納品代行…

  6. レコードを売ろうと考えた|FBA出品・納品代行