匿名配送の思わぬ落し穴|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

誰でも手軽に出品出来ることからすっかり世間に浸透したamazon。

取引数は150そこそこではありますが、筆者もお世話になっています。

取引相手に恵まれている為か大きなトラブルにはあっていないものの、出荷に際して あわや! という事態は何度かありました。

今回はそんな あわや! な経験からサイズオーバーで荷物が返ってきてしまったケースと購入されているのに出荷できないケースの2件の出荷トラブルについてお話し致します。

筆者は特別な事情が無い限りは匿名配送サービスを利用して取引しています。

元払いにはなりますが自身の住所を相手に知らせることなく発送できるので安心して取引が可能です。

勿論購入者の住所も都道府県までしか表示されません。

まずは業界最大手のamazonで起きた出荷トラブルについてお話し致します。

筆者が出品したものは着物の帯でした。

送料込み1000円程度で出品していた為、儲けを出すには送料を抑える必要がありました。

amazonが提供している匿名配送サービスの中で最も安いのが、ゆうぱっく便のゆうパケットです。

3辺合計60センチ以内、長辺34センチ以内、厚さ3センチ以内、重さ1キロ以内であれば175円で送ることができます。

帯を小さく畳みなんとかA4サイズに納めて発送しましたが、僅かにオーバーしていたようで自宅のポストに戻って来てしまいました。

次に送料の安い60サイズの箱に詰めなおし、再度発送しようと試みましたが、一度発送に利用したゆうぱっく便は同じ取引では利用できない仕様になっていました。

更に、amazonは匿名配送に設定した上で購入された商品は匿名配送でしか発送できない仕様になっています。

幸いamazon便にはもう1つヤマトを利用した匿名配送サービスであるヤマト便もあったため、そちらから発送することができましたが、購入者の方をお待たせしてしまいました。

滅多に無いこととは思いますが、発送に2回失敗する事があれば、取引をキャンセルせざるを得なくなりますので匿名配送を利用される方はサイズオーバーには特にご注意ください。

続いて、業界2番手amazonの匿名配送サービス かんたんamazonパック での出荷トラブルについてお話し致します。

筆者はアンティーク着物を1200円で出品していました。

普段利用しているamazonでは1200円から送料と手数料が引かれた残りが売上金に反映されるだけで、赤字にさえならなければ特に問題はありませんでした。

しかし、amazonはそうではありませんでした。

かんたんamazonパックには最低出品価格の定めがあったのです。

発送方法をかんたんamazonパック、価格を1200円に設定して出品した筆者の着物に購入者が現れました。

しかし、かんたんamazonパックを利用可能な販売価格である1560円を下回っているので発送する事が出来ません。

1200円で購入を決めて下さった方に「すいませんやっぱり1560円です」というのは言いにくいものです。

そもそも一度購入された商品の値段を後から訂正することは出来ない仕様になっています。

相手方に事情を説明し、別に購入を希望されていた帯〆とセットで1560円にて出品する事で値上げに応じていただけましたが、元の取引は一度キャンセルする必要がありました。

この取引のキャンセルも相手方から申請して頂く必要があります。

更に相手に迷惑をかけてしまったのが、専用出品が禁止されていることでした。

あらかじめ出品する時間を相手と約束しておき、出品後すぐに購入して貰いました。

もしもこの段階で他の人に購入されていたら更にややこしいことになっていたでしょう。

親切な方が取引相手で本当に良かったと思います。

皆さんもかんたんamazonパックを利用の際には1560円以上で出品してくださいね。

本当にややこしい事態に陥りますから!

amazonさんは是非、ユーザーがかんたんamazonパックを選択している場合は1559円以下では出品できないように仕様を改めて欲しいものです。

関連記事

  1. 一眼レフ用レンズの梱包で苦労した話|FBA出品・納品代行

  2. 溜まったジャニーズグッズの整理のために・・・|FBA出品・納品代行

  3. おもしろTシャツはamazonでもいい感じに売れたりします|FBA出品…

  4. 売り手として利益の勉強にもなる|FBA出品・納品代行

  5. 出品する前に確認を!|FBA出品・納品代行

  6. 面倒臭い問題を避けて楽しもうamazon!|FBA出品・納品代行