デジタルカメラを売り払うことに|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

デジタルカメラを新しく購入したので今持っているデジタルカメラが不要になったということでどのように処分しようかということを考えていたことがあります。

当然ではありますが別に持っていても損をするというわけではありませんし、予備という形で持っているということもよいでしょう。

しかし、やはり必要のないものでもありますから売ってしまって少しでもお金に換えようということを考えていました。

そこでまずは私はamazonを使うことにしました。

そのデジタルカメラの写真を撮って正確な商品名を見てからタイトルを入力します。

そして、出来るだけどのような機能があるのかななんてこともをしっかりと説明欄に書いて欲しいという人が来るのを待つということをやっていたわけです。

何件か質問があったりamazonですから値下げ交渉などもあったりしたのですが、最初は応じることはありませんでした。

極端に安くするくらいであれば持っていようと思っていたので値下げ交渉に関しては全て断るということをやっていました。

その後、そのままの金額で買いたい、と言う人が出てきましたから、その人に売ることになりました。

相手が決済に関する手続き云々をした後にこちらが送ってほしいというような合図が出てくるのでそれに合わせて郵送するということになります。

コンビニから配送依頼をすることができるので簡単に送るということはできるようになりましたが問題は梱包です。

どのような梱包しようかということが色々と悩ましいところではありました。

ハコがないわけではないのです、何しろ、そもそもそのデジタルカメラを買った時の箱というのがそのまま残っていましたのでそれを使うことにしました。

それはよかったのですが緩衝材をどうするべきか、ということを悩みました。

正直、ハコがあるわけですから、そのまま裸で送っても問題はないという気もするのです。

フィギュアとかゲームとかそうしたものではないわけですから、ハコ自体に一定の価値があるというわけでもありませんから、そんなに気にすることでもないと判断しました。

それでも何が入っている箱であるのか、ということをわざわざ見せる必要性もありませんから、包装紙で包んで発送するということにはしました。

当然ですが精密機械ですからコワレモノ、ということで発送です。

とりあえず、そうした梱包での悩みというのは特にそれ以上は起きることがなく、普通に発送することができました。

正直なところ、もう少し小さくして梱包することもできました。

説明書等はつけるにしても箱もそのデジカメのものである必要性はないわけですから、発送のときの費用を抑える為にはそうした方が良いと言う気はしていたのです。

ですが、新しく箱を小さく作るというのもそれはそれで面倒ではありましたから、そのままそのハコを使って、ということに最終的にはなりました。

その後の入金トラブルということも特に無く安心して利用することができましたし、しっかりと不用品のデジタルカメラを少しはお金にして処分するということができたわけですから個人的に非常に満足しています。

緩衝材をどうするかということをやはり一番考えるべき場所でしたが緩衝材を巻いた後にまた上から包装紙などをまかなければならないということになりますので結構厚みが出てきてしまうわけです。

今回の場合、それが嫌でしたからそのままの箱でということで郵送することにしたわけです。

箱の大きさがちょっと微妙なところでして少しでも大きくしてしまうともう一つ上のランクの大きさになってしまうかもしれないという微妙な大きさでしたので多少梱包に関する不安はありましたがそのままその箱を使ってということにしました。

関連記事

  1. 今さらamazon、はじめてみました|FBA出品・納品代行

  2. amazonで売れた「渓流用カーボンロッド(ハエ竿)」の梱包|FBA出…

  3. 売り手として利益の勉強にもなる|FBA出品・納品代行

  4. ちょっとしたサービスで嘘をつかれた話|FBA出品・納品代行

  5. 子供の頃のおもちゃが売れた話|FBA出品・納品代行

  6. 古いアニメグッズがありましたから|FBA出品・納品代行