amazon【amazon】で苦労した話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonで苦労したこと、それは「商品の説明をきちんと書かなければいけないこと」「梱包について気を使わなければならないこと」「これらによりかなりの時間が取られてしまうこと」の3点です。

そもそも私がamazon【amazon】を利用したのは、引越しの際に出た不要品の引き取り先を探していたためです。
当時リサイクルショップを利用することも考えましたが、とりわけ衣料品やバッグなどは二足三文にしかならないことも多いため、ネットで売却するという方法を取ることにしたのです。
しかしながら実際は、手間を考えると、リサイクルショップを利用した方が効率的であったかもしれません。

まず手始めに、私は売りたい商品をバンバン掲載していくことにしました。
しかしながら、そのまま写真を掲載するだけでは売れません。
写真の商品が「何の商品であるか」以外にも「どのくらいの大きさのもので」「いつ購入し」「どのように使用していて」「どのような方法で郵送するか」をしっかりと書く必要があるというのを知ったのは掲載して暫く後のことでした。
つまり、企業における通販の粒度と同じ情報を提示することを求められていたのでした。

また、これと並行して私を悩ませたのは、見ず知らずの赤の他人に値切り交渉を仕掛けられることでした。
金額の根拠となる情報を載せれば載せるほどこういった値切りの連絡をある程度防ぐことができたため、商品情報の開示は私にとって必須のものとなっていきました。

やっと商品が売れたとしても、次は梱包の問題に差し掛かります。
【amazon】の大体の個人ページには、購入前に読むようにという文言と共に梱包についての注意喚起が記載されていますが、これは購入した相手方がクレーマーだった際に自分の身を守るための防衛手段の1つとなります。

梱包材を購入しようとすると、筒で1本1,000円以上は掛かります。
ダンボールも大きさによりますが、1つあたり100円程度はします。
それで1つ数百円からの商品を梱包するとなると、うまくいかないと売却することで赤字になってしまう場合もあります。
残念ながら、amazon内には、このような損得の計算が不得手なクレーマーが沢山おります。
そんな顔の見えないクレーマーから身を守るためにも、梱包には細心の注意を払う必要がありました。

ここまで読んでお気づきと思いますが、上記の作業を行うのは相当な時間が必要になります。
引越し作業の片手間に行うにはあまりに多くの時間でした。
リサイクルショップは、売却に至るこれらの手間=時間を金額として差し引き、残りの代金を買取金額として提示していたのだと理解しました。

amazonで写真を撮り、商品説明を丁寧に載せ、相手方とのやり取りの上梱包を行い発送を行う。
当時はこの一連の作業に、1つの商品につき30分?1時間は掛けていたと考えられます。
もちろん、多数の商品を1度に売却できればこの限りではありません。
しかしながら、商品の人気不人気の差・上位検索にうまくヒットするように掲載できたかどうか・掲載時期がいつだったがなどの要素によって売れ方は大きく変動します。
このことを加味すると、上記の時間については強ち大袈裟ではないように感じます。

結局、私はamazonを利用するのに手間が掛かってしまい、本来の引越しに掛けるべき時間が少なくなってしまい、やむなく引越しの予定をずらさざるを得ないこととなってしまいました。
売れないと引越しの荷物が多くなってしまうため、リサイクルショップも利用しつつ、なんとか手元から不用品を全て手放すことができました。
amazonは、高額な商品を手軽に手放すことができるいいツールであると思いますが、急いで少額の不用品を処分したい際にはあまりオススメのできないツールだ思いました。

関連記事

  1. 自宅にはかりはあった方が良いと思います|FBA出品・納品代行

  2. どれだけ丁寧に梱包すればいいの?|FBA出品・納品代行

  3. マーケットプレイスの業者に注意|FBA出品・納品代行

  4. ネットamazonでの、臭いの問題について|FBA出品・納品代行

  5. 梱包での苦戦と配送料の計算ミス|FBA出品・納品代行

  6. スマホの梱包を簡素にしてほしいと依頼された|FBA出品・納品代行