大きい商品の発送で失敗|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonで使わなくなったベビー用品やおもちゃを出品しています。

洋服や小物の場合は、透明な袋に入れた上で、ショップ袋に入れていて発送していますが、まずクレームになることはありません。

大変だったのが、大きな商品を発送する時です。

ベビービョルンのバウンサーを出品した時には、すぐに買い手が決まり、丁寧に梱包をしました。

もともと、バウンサーにはナイロン袋が付いていたので、その袋に入れ、プチプチで梱包して、養生テープで巻いた上で発送したのです。

到着後、評価で悪いとつけられ、コメントとして、プチプチが外れていて中身が見えていたと言うのです。

バウンサーは大きく、それを収納できる袋が見つかりませんでした。

そのため、プチプチで梱包したのですが、購入者にとってみてはそんな梱包では不足していると感じられたのでしょう。

300件以上amazonで出品していますが、クレームで悪いをつけられた初めてのケースでした。

それから大型の商品を送る時には、特に注意をして、商品説明内でも梱包についてどのようにするか説明するようにしたのです。

梱包をしっかりしたつもりでも、逆に大変なことがありました。

ベビー用のおもちゃをいくつかまとめて出品した時です。

思ったよりサイズが大きくなり、宅急便の120サイズになってしまいました。

それでも出品した価格は、1,000円ちょっとという価格。

売り上げのために出品しているのに、結局それ以上に損をしてしまい、手間もかかりました。

なんのためにamazonをやったのかわからなくなってしまう瞬間です。

それ以降は、必ず出品前にサイズと重量を測り、送料を見込んだ上で値段つけを行なっています。

amazon便の宅急便を使う場合には、送料が700円以上になるため、販売価格が1,000円以上でなければなりませんが、知らなかったです。

コンビニに持ち込んだら、発送できず、取引相手に事情を話して、取引をやり直したことがありました。

980円の設定だったのですが、1,000円に値上げして再度購入いただいたのです。

幸い、クレームにならず快諾していただいたので助かりましたが、人によってはクレームになるところだったと思います。

ゆうぱっく便を使う時には、郵便局があるスケールに少しでも引っかかると受理してもらえないので苦労します。

ゆうぱっく便の利用ができず、結局割高の定形外郵便にすることも多々ありました。

グラムはしっかり測ることができても、厚みは自己判断ができないこともあります。

最近は、コンビニでは計測を行わず、配送業者や郵便局で計測を行うようになりました。

そのため、届いてから配送料金が予想と違ってかかってしまったということも多いです。

事前に確認できるものは面倒ですが、確認をし、料金に反映することが重要だと思います。

特に洋服では、パーカーやパンツなどはかさ張るのでゆうぱっく便を使う時には慎重にするようになりました。

送料のことを考えると、amazon便の80にして、セットで販売して送料のことを心配しないように販売することも多いです。

手数料、送料を考えると結局数百円程度の利益しかなくなることがあるので、人気のブランド品以外は出品を諦めることがあります。

ショップ袋や100円ショップで売っている袋を使って、梱包材にクレームが来ることはありません。

プチプチなどを購入すると結構な費用になってしまうので、大型の商品はかえってコストがかかります。

何か購入した時についてくるプチプチや袋などはamazon用にとっておくといいです。

クレームにならないように丁寧な梱包で、最低限のコストで出品をすることがamazonを楽しむコツだと思います。

関連記事

  1. ちょっとしたサービスで嘘をつかれた話|FBA出品・納品代行

  2. 丁寧に梱包しすぎたために起こった失敗|FBA出品・納品代行

  3. ベビーゲート出品!~梱包奮闘記~|FBA出品・納品代行

  4. 要らなくなったゲームを売ったらストーキングされた話|FBA出品・納品代…

  5. 常識を超えたお客様に困惑|FBA出品・納品代行

  6. ギリギリ入らない!なるべく安く発送したい…|FBA出品・納品代行