身近な資材を上手に再活用する梱包術|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

個人amazonでは、まず『経費』をどうやって抑えることが出来るのか?悩む方が多いと思います。

私がメインに出品していたのは、レディースのお洋服になります。

ある日、20代前半女性に人気だったロングパーカーのブラックが落札されました。

お尻まで隠れる長い丈と、起毛素材の温かなパーカーで、畳んでみるとかなりの厚みを出してしまいました。

梱包に関しては、万一雨に濡れても大丈夫なように二重に梱包しています。

落札商品は、一度ビニールで梱包し、外は封筒や集めていたショップバッグなどの梱包材を利用して梱包作業を行っていました。

厚みのある衣類は、その時は初めての梱包で、収まるビニール袋が手元にはなく、近所の100均ショップに梱包材を探しに行きました。

梱包についても評価される事が多いので、結構その点にも神経を使いました。

100均ショップでは悩んだ末に、透明と半透明のごみ袋を購入し、梱包資材屋さんにも一応寄り、防水性がある紙の梱包資材をもしもの時用に購入しました。

値段は忘れましたが、一枚の単価が結構なお値段だったので、一枚だけ購入してみました。

梱包作業に入ろうとして気づいたのが、購入した45?ごみ袋はかなり大き過ぎたこと。

さらに自宅で使用しているごみ袋と同じ大きさだったことに、日頃から無意識に使用していた事に反省してしまいました。

とりあえず畳んだ商品を入れて、空気を抜きながら透明テープを使い、丁寧に包装していきましたが、何故かしっくりいきません。

ふと、落札した商品が届いて開いてみた時に、『ごみ袋に入っていた』とガッカリする相手の気持ちを想像してしまいました。

次に梱包資材のお店で購入してきた、防水性のある包装紙を広げてみたのですが、少しお店で見た時のイメージとは違いました。

ブランド商品など、よくデパートなどで梱包しているような上質な素材で「高価な落札商品」にならば使用してもいい!と思ってしまいました。

それから、ごみ袋をまずはさみを使い、丁寧に広げてみました。

表面と裏面を切り離して、1枚にし、改めて丁寧に梱包してみました。

ギリギリの大きさにはなりますが、キチンと空気を抜いてあげると見た目もバッチリです。

コツは、切れ端をなるべく内側に入れるように梱包してあげることです。

空気が抜きずらかった時、たまたま家族がキッチンから「竹串と千枚通し」を持ってきてくれたので、キズがつかないように目立たないところに竹串で穴を開けて空気を抜く
方法をあみだしました。

これで無事に濡れても大丈夫なように、ビニールでの梱包をクリアできたので、落札商品の大きさにあったショップ袋に梱包します。

なるべくぎゅうぎゅう詰めにはならないように!

商品を広げて見た時に、「開封してみたら、商品はとても気に入りましたがシワシワになっていて、すぐに着れなかったのでアイロンをかけてから着ました。

とコメントが付くと、お互いに気持ちのいい取引きが成立しにくいので、ぎゅうぎゅう詰めになるべくならないように注意しながら梱包します。

梱包の作業の仕方次第で、送料が抑えられます。

安い梱包資材でもう一つおすすめなのは、自分がネットショッピングした際に梱包されてくる資材を取っておく!という方法です。

私自身、購入した際の包装紙を大事にとっておく方ではなかったので、親が趣味でためていた紙袋を、譲ってくれたので、たまたま使ってみて良かった。

それから私も必要なものだけをとっておくようにしました。

そして送料込みの価格で出品した商品の方が、チェックされる確率も高く、また落札されやすい出品方法だと思います。

ぜひ、身近にあるもので経費を削減した再利用をしてみましょう。

関連記事

  1. amazonの落とし穴配送料や商品の有効期限にはご注意を|FBA出品・…

  2. ヤフーamazonはゴルフ関係のアイテムも多く売れている|FBA出品・…

  3. 梱包の時に気を使うこと|FBA出品・納品代行

  4. 規定のサイズに収まらず大苦戦 対策は?|FBA出品・納品代行

  5. 神経質なamazon体験|FBA出品・納品代行

  6. 楽して儲けようと思ってamazonを利用したら、罰が当たり大損ぶっこい…