引っ越しは強制断捨離|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

我が家は、結婚した時から関西暮らし。
それが子供が大きくなるのを待っていたかのように、
小学生になると夫が単身赴任で東京へ引っ越していきました。

確かに関西でこのまま人生を送ろう。

と思っていたものの、もともとは関東の出身。

何かと実家の用事や長期休みには東京へ。

なので、関西と関東を一年のうちに何回も往復する生活を続けていました。

ですから子供も私もどこか関西人になり切れないままで過ごしていたといった感じです。

そんな時に次女の受験がやってきました。

次女は、自分の行きたい大学が東京にあると言い、そして受験を東京に絞ると言い出したのです。

その時は、混乱もしましたが、やはり自分自身も関東に戻りたかったのだと思います。

それからは大学に合格することを想定しての準備にかかりました。

夫が単身赴任で関西に週末しか戻らないため、なかなか荷物の整理がつきません。

その時点で子供が生まれてからのおもちゃや教科書、洋服など、家の中に詰め込んでいたので、
そこから何とかしなければならない状態にありました。

メディアなどでもたびたび取り上げられる「断捨離」。
見ている時は人ごとでしたが、
実際に自分がすることになるとは思ってもみませんでした。

そして夫がたまに利用しているamazonやamazonに出せるものは出そうということに決まりました。

まず最初にとりかかったのは、もちろん子供のおもちゃや文房具です。

女の子は、毎年の誕生日にものすごい量の文房具をプレゼントしてもらいます。

そして使いきれない文房具がそのまま机の引き出しに入ったまま何年も経ってしまうのです。

最初、半信半疑で新品のメモ帳を10冊ほどamazonに出品しました。
スマホで見るとamazonはどちらかというと
家族向きです。

さらにどの品物も若干高い価格が付いているのに気が付くと思います。

それは手数料と送料が込みになった金額のためです。

そんな10冊のメモ帳をamazonに出品して、なんと1日で買い手が付きました。

「こんなものでも売れるんだね」と夫が驚いていました。

ですが、子供の誕生日会のお返しなどには以外にぴったりなんです。

きっと買ってくださった方もそんな使い方をするために買ったのではないでしょうか。

その後、子供の用品をどんどん出品し、次はブランドの子供服を出すことにしました。

そのころは、まだまだピアノの発表会や、祖父母からのプレゼントなどで、有名ブランドの洋服を着ることもありましたので、それも出品しました。

ブランドの子供服は、子供の成長が早い分、ほとんど着ない分コンディションがいいものです。

ですから、特に胸にネームが入っているものなどはあっという間に売れていきます。

そのことに気が付いて私たちは、ブランドの名前がついているものをメインに出品していきました。

例えば、使わなくなったバックや財布など、目立つ柄やブランドがすぐわかるものは、すぐに買い手がつきます。

そして一番、困ることも同時にあります。

それは、ブランドものは、本物を証明するためにより付属品が多い方が売れるのです。

そしてそのバックなどをいつ、どこで、いくらで買ったかをメールで細かくやり取りすることもあります。

なので、買った時には、知らなかったそのブランドの紙袋にさえもお金がつくことをしりました。

交渉が終わり、荷物を送り出しという作業を半年ほど続け、我が家は、だいぶ無駄のない状態になったと思います。

なにかどうしてもということがないと、なかなか思い切って捨てたり、処分することはできません。

そんな時の引っ越しは、荷物の片づけも同時にできる節目かもしれません。

かなり大変でしたが、我が家で必要がなくなってしまったものでも、欲しいと思ってくれる人がいるということをしりました。

関連記事

  1. 梱包のサイズの苦労について|FBA出品・納品代行

  2. ヤフーamazon出品時のトラブルと失敗談|FBA出品・納品代行

  3. 本を売りたい素人の方へ|FBA出品・納品代行

  4. amazonの出荷で苦労した点|FBA出品・納品代行

  5. 梱包作業に四苦八苦!|FBA出品・納品代行

  6. どれだけ丁寧に梱包すればいいの?|FBA出品・納品代行