スポンジで人を傷つけることができるだろうか?|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

一時期、amazonやヤフーamazonにてスポンジブレードという商品を販売していた際の苦労話になります。

ご存知の通り、amazonやamazonサイトでは他人を傷つける商品、ナイフですとか包丁というものは出店を禁止されるものがあります。

これは、刃渡りが長すぎるものなどが禁止対象になるということで私の場合、スポンジで出来た大きな兼みたいなナイフを出店したことがありましてその際規制を受けたことがありました。

簡単に説明しますとスポンジナイフがあまりにリアルすぎてスポンジであると説明しているのですが信用されず、出品禁止命令を食らったということです。

ですが、この問題簡単に対応することが可能でして自分の手のひらに食い込ませることでスポンジであるということを証明すれば審査に通り出品することが容易でした。

ですが、それでも出品できないamazonやamazonサイトもありその理由としては、おもちゃに見えないということらしいです。

ちなみに、ひどい場合ですとナイフという言葉自体に過剰に反応されまして出品停止を食らったこともあります。

ただ、私としては、スポンジですのでまず他人を傷つけることはまず不可能な上、よくあるコントで使用するスポンジですので思いっきりたたいたところでスポンジですので痛くないのですが一時期ナイフによる犯罪が多かったため出店できなかったことがあるというお話です。

ちなみにこのスポンジブレード、現在においても結構記載が厳しいのでしょう、出品が取り消されることもあるらしく、苦労しています。

何故このようなものを出品しているのかですが、一時期、サバイバルゲームにて精巧な本物のように見えるスポンジのナイフがはやりましてその時に購入した物を出品しているということです。

あくまでスポンジですので取り扱いも容易でかつ、梱包に関しても商品そのものが梱包材みたいなもので利益が出ると踏んで仕入れた商品を様々な場所で売買しようとして仕入れた商品がスポンジブレードだったということです。

ちなみに現在においてもこのスポンジブレード、入手自体は容易で様々な国やメーカで作られていまして海外の物の方がかなり精巧で本物に見えるものを販売しておりそれらを仕入れ売ろうとしていたということです。

ただ、ナイフを使用した事件が多発し規制が厳しくなり、ナイフという文字があるだけで弾かれたりと出品すらできなくなる時期があり現在においても出品できないamazonがあり在庫が余っている状況です。

ただ、スポンジブレードは食品などや家電と違い劣化することはまずないので邪魔にこそなりますが、すぐに転売する必要が無い分まだマシなものだと思いますがこのようにその時の事情によって転売できる品物が大きく変わり、利益が出なくなったということです。

完全にネタみたいな商品でもそのネタが通用せず規制対象となり売買できずに終わってしまったという苦労になり、許可が下りた、許可が下りたものが不許可になったを繰り返している商品があるというお話です。

このように、商品によっては、停止を繰り返すものというものも珍しくなく、そうした商品を処分しようかどうしようかを迷っているのが現状でして、高値で売買が成立する可能性もあり捨てるに捨てることができない商品がこのスポンジブレードです。

規制が緩い場所でこうした物を売買することも可能なんですが、そうした場所もいつの間にか規制対象のサイトになったりするため、現状においては出品が許される場所を探しつつ、出品が停止された場合様子を見てから再度出品可能になるかどうかを検討しているのが現状で、利益については思っているほどでないのが現状です。

関連記事

  1. 梱包のサイズの苦労について|FBA出品・納品代行

  2. 梱包の時に気を使うこと|FBA出品・納品代行

  3. ゲーム機限定バージョンの出品したら違反通告された件|FBA出品・納品代…

  4. amazonで発送時に苦労したこと|FBA出品・納品代行

  5. ほうきと長い柄を別々に出荷|FBA出品・納品代行

  6. amazonを通じて学んだこと|FBA出品・納品代行