終活のお手伝いでamazonへの出品|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

70歳近くなる友人にプラモデルのコレクションの整理をしたいということで、代理でamazonに出品することとなりました。

友人宅に行って、どれだけの物があるか確認しましたら、約1000点ほどの未組み立てのプラモデルがありました。

古いものですと1970年代に発売されていたものから2000年代の物まで幅広くあり、メーカーも国内外問わずありました。

まず、これを私の自宅まで運ぶ作業です。

幸いに、自宅ガレージにスペースを確保しており、車もバンタイプなので3回ぐらいに分けて運ぶことにしました。

しかし、量が半端なく多いので積み込みと自宅への運びこみは半日ほどの時間を費やしました。

自宅内に運び込んだ後で、そのプラモデルの相場価格を調べてみました。

安いものですと、販売価格の2割程の物もあれば、価格の10倍以上になっている物も何点かありました。

管理しやすいように、エクセルにて一品ずつ入力していき定価と売上が分かるように準備しました。

発送時の梱包も考え、エアクッションと包装紙をホームセンターで購入し、梱包作業をしやすいようにガレージ内を整理し、スペースを確保しました。

この作業で1日終わりました。

次に一つ一つ写真を撮り、パソコン内に保存していきました。

最初の作業で約300点のプラモデルがあり、写真を撮ったら包装紙とエアクッションで梱包し品名、サイズを書いていきました。

またこの作業で1日が終わりました。

さてようやくamazonへの出品作業が始まりました。

写真の順番に入力画面にて入力していきます。

大体のフォーマットを決めてしまい、入力しやすいようにしておきました。

本当ですと、土、日曜日の20時~22時終わりで出品したかったのですが、落札後の出荷作業のことも考え一日に約20点で15日ぐらいで終わるように設定しました。

この作業も半日ほどかかりました。

出品している最中は、入札がどれくらいあるか?金額はどれぐらいになっているか?などを気にしながらの毎日でした。

1週間ほどでamazon終了し、それぞれに連絡をし、入金の状況を確認し、入金作業が終わっている物を集めて、出荷作業が始まりました。

1日に2回ほどの出荷作業は想像以上に大変でした。

コンビニでの出荷作業にしたため、コンビニが混んでいない時間を選び(午前10時と午後3時ぐらい)もっていきましたが、結局窓口を占領してしまうこととなりました。

1回の持ち込みで約10点なので1日で20点ほどの出荷になりました。

コンビニにいる時間も一回で1時間ぐらいで、それが一日に2回で二週間ほど続きました。

中には落札しているのに連絡が全然ない人や、送料を足さずに落札金額で入金する人、キャンセルを申し出る人等もありまして、色々な対応に追われました。

また、かなりレアなプラモデルを出品していたらしく、まとめ買いをする人もいて取置きをする人も何人かいて、その人用に梱包をし直す作業等もありました。

一回目の品物はおおかた片付いたので、エクセルにて売上管理していましたのでその点は金額の計算が楽でした。

大体一回(300点)の出品での合計金額が30万円ほどで、予想よりも良かったので、とりあえずやってよかったなぁという感じでした。

売り上げのうちの3割をもらえる予定だったので9万円ほどが儲けとしてもらえました。

この作業で、まだ全体の量の約1/3でまだまだ先は続きましたが、確実にお金になるので、効率よく作業していきました。

結局、3ヶ月間ぐらいはこの作業を黙々やっていましたが、その間にも、部品の不備のクレーム、その他色々な問い合わせに対応したりしていました。

コンビニ出荷だったのでそこのコンビニに毎日通うようになったため顔を覚えられてしまいましたが、逆にそれが作業を効率よくしてくれて良かったでと思います。

今回は短期で詰め込んでやりましたが、半年ぐらいかけてやった方が良かったかなぁと今では思います。

関連記事

  1. 厚み3cm!いけるか!?ゆうパケット!|FBA出品・納品代行

  2. 3センチの壁と重さのワナ|FBA出品・納品代行

  3. amazon【amazon】で苦労した話|FBA出品・納品代行

  4. 神経質なamazon体験|FBA出品・納品代行

  5. ハットを送るのに手間がかかりました|FBA出品・納品代行

  6. 2日間ダンボールと格闘した話|FBA出品・納品代行