メッセージでのやり取り|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私は普段ヤフオ●やメルカ●を利用することが多いのですが、メッセージでのやり取りに際して苦労した話をお伝えしようと思います。

ヤフ●クでの出来事①
①はヤ●オクでの出品時の出来事です。

私がよく出品しているものは、ポケモンカードやプロ野球チップスの選手カードなど、水に濡れてしまうと価値が半減してしまうようなものばかりです。

商品の性質や、落札後の評価も考えると、しっかりと水濡れ防止を施して送付したいのです。

そのため、私は出品する際は水濡れ防止のために袋に入れたり、ラッピングをするのですが、その資材も無料ではありません。
(1商品あたり、10円するかしないかのものです。

適当に梱包しても良いのであれば、あり合わせでなんとかすることもありますが…。

商品説明欄にもきちんと、「商品の性質上、水濡れ防止のためのオプションを、メッセージにてお伝えください」と記載しており、ほとんどの方はそれを理解して落札して下さるのですが、どうやら一部にはそうではない人がいらっしゃるようです。

そういった方々は、特に商品説明欄をお読みにならずに落札してしまい、知らない聞いていない見ていないの堂々巡りです。

落札後のメッセージ上の説明では納得できなかったようで、直接電話がかかってきて説明を求められたこともありました。

こちらとしては商品説明欄にすべて書いてありますし、オプションが不要であればそう言って頂ければよいだけなのに、何をそこまで怒っていたのか、いまだに理解ができません。
結局その方との取引は終了しましたが、後日の評価欄には「よくわからない難癖をつけられて取引が遅くなってしまった。
不快な思いをしたため評価は最悪」と書かれていました。

よく読まないで取引をすると、自分がイライラするだけでなく、相手まで迷惑をかけることもあるんだなぁと実感させられました。

●フオク②
②もメッセージのやりとりでの出来事です。

①と違って、商品説明欄はしっかりお読みいただいていたのですが、今度は支払いの先延ばしを図ろうとするものでした。

落札後、すぐに連絡を送り、住所や送り先などの情報はすぐに送り返してきてもらえたのですが、なかなか入金の報告が来ませんでした。

何回か締切を設定し、ここまでにはきちんと入金をお願いしますと頼んでみるのですが、毎回わかりました→すみません、手持ちがなくて…の繰り返し。

家賃、携帯代、光熱費の支払いなどなど、あの手この手を使って所持金がないことをアピールが始まりました。
(家賃払ってるような年の人間が、情けなくなかったのか…)
そんなに高い金額でもなかったので、こちらも面白くなり、いったいどこまで引き延ばしたり言い訳を使ってくるのか面白くなってきて、逆に放流してみることにしてみました。

結局、医療費を払っていて…というお決まりの文句が出たのを最後に、言い訳が思いつかなくなったのか、最終的には2か月ほどしてから支払いがありました。

今になって思い返してみれば、たかだか数百円の支払いを渋っていたのだから、きっと親のアカウントを借りて落札できてしまった子供が相手だったのかもしれません。

なんにせよ、相手の年齢や立場などが全く分からないネットでのやり取りだったからこそ、こちらもイライラしてしまいました。

①も②も、いちばん腹が立つのが、どちらも落札後の評価が最悪を付けられていたというところです。

どうしてこちらはしっかりと商品説明欄に記載している事項を要求したり、落札した商品の代金を支払ってくださいねと催促しているだけなのに、最悪の評価を付けられなければならないのか。

自分のミスなんだから相手にとやかく言わずに「すみません」の一言が欲しかったものです。

関連記事

  1. 初心者すぎて配送に手間取ってしまった|FBA出品・納品代行

  2. 2日間ダンボールと格闘した話|FBA出品・納品代行

  3. ついついやってしまいがちな予算外丁寧梱包|FBA出品・納品代行

  4. 利益を見越して出品しないと赤字!|FBA出品・納品代行

  5. 「Amazonマーケットプレイス」を使っての出品は副業に最適です|FB…

  6. セールで買っていたダウンがまさかの高額に|FBA出品・納品代行