amazonでサクサク出品?夫の断捨離が大変すぎた話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

我が家には生まれたばかりの娘がいます。

できちゃった婚なので、元からある夫のマンションに私と娘が押しかけてきたような形。

娘のものを購入して、準備は万端のつもりでしえたが、収納しようとすると、クローゼットはどこを見ても夫の服ばかりでした。

私たちがこちらに越してくるまでに片付けておいてと伝えたのに、どうやら夫の耳には右から左だったようです。

それならばここはどうだ!と別のクローゼットを開けてみると、今度はガン○ムや、トランス○○ーマーのフィギュアがずらり。

山積みになった私と娘の荷物を尻目に、片付けることもできず途方にくれてしまい、夫の不甲斐なさには怒り浸透でした。

家に帰ってきた夫の首根っこをつかむと早速、激しい言い争いが始まります。

そこからamazonで、このフィギュアを一掃しても良いという許可が取れるまで1時間ほど。

私がこの戦いに勝利するのは当然のことですが、本当に必要なものだけを残してあとは大切に使っていただける方にお譲りすることとなったのです。

翌日から、いよいよ出品スタート。

3500円の値段をつけたトランス○○ーマーは、几帳面すぎる旦那のはからいで、箱におさまった写真と、格好良くポーズをとった写真、パーツアップの写真、箱の写真など計8枚。

それだけで相当に時間がかかっているのに、今度は説明文を、首をひねりながら考え始めたではありませんか。

赤ちゃんのお世話でそれでなくてもイライラしているのに、夫の後ろ姿に蹴りを入れたい気持ちを必死に我慢しつつ、冷静に「そんなんでいつ、これ全部終わるん?」と尋ねることにしたのです。

その顔がマジだったからか、私から青い炎が見えたのか知りませんが、夫は運よく察してくれたようでした。

説明文は端折り、「現状通り」「写真をよくご覧ください」「ノークレーム、ノーリターン」をコピペしまくった上、倍速で写真を取り出したのです。

やっと出品が終わり、売れないものは価格を下げれば買い手もつき、日々送られてくる「あと500円安くなりませんか?」などのコメントの嵐に必死で対応しながら、やっと3品売れたところでした。

「そろそろ発送しないと」、と夫を急かすと、あろうことか早速100均でバリバリ剥がすたびに音のうるさいガムテームを買い、スーパーでダンボールや木目を山ほどもらってきた夫。

何をするんだろう?と不思議に思う反面、なぜか沸々と込み上げてくる激しい怒り。

それは旦那の行動には、察しがつくようになったのか、それは前にも感じたことのあるバイブレーションだったのです。

想像した通り、夫はポージングをとったフィギュアを大きなダンボールに入れ、山ほどエアキャップを流し込み始めました。

驚くべきは、これはまだいい方で、ダンボールに入りきらないフィギュアがあると、ダンボールを切りはりしハリボテのような状態の入れ物を作り出したのです。

完成した梱包済みの商品はまさにオブジェのように大きく、禍々しいもの。

しまいにはガムテームやダンボールを切る音で、起こされた子供が、寝が足らないとギャン泣き。

深夜に近所迷惑な鳴き声が来る日も来る日も続くことになってしまったのです。

ちなみに、梱包は夫ですが、コメント対応と、発送は私の役目となっている約束でした。

これがまた異常に大変。

というのは、子供をおんぶしながら、オブジェ(商品)を両手で持ちつつ、そろそろコンビニまで持っていかなければならないのです。

子供が興味を持って触ろうとするのをうまく交わしながら、落としたりすると物が物なので壊れてはいけないし、気を遣います。

たどり着いた時には息切れしているほどでしたが、周りも衝撃だったようで、前方から岩のようなものを運ぶ姿の私に、次々に二度見されました。

そんなことを半分くらいでしょうか?繰り返したところで根をあげたのは実は私の方。

今考えても二度とこんな大変なこと、したくないですね。

関連記事

  1. 梱包は商品の大きさに関係なく気が抜けない|FBA出品・納品代行

  2. パチスロポスターをamazonに出品|FBA出品・納品代行

  3. 自転車の梱包に大苦戦|FBA出品・納品代行

  4. amazonの梱包・発送で自腹を切った話|FBA出品・納品代行

  5. 出荷先までもっていく体力を考えていなかった|FBA出品・納品代行

  6. ブランド物の返品交換あるある|FBA出品・納品代行