タブレットを売るということ|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

タブレットをいくつか持っていたのですが、一つはくらい必要なくなってしまったということがあり、それを売るということにしました。

それなりに考えたことがありますが、それでもやはりamazonなどで売るという事の方が良いということがあるでしようから、そちらの方に多少手間がかかるにしてもやってみることにしました。

つまりはお店に売るのではなく、自分でamazonに出品をして買ってくれる人を探すということをしようとしたわけです。

多少手間がかかるにしても、それなりに高く売れる可能性が高いということになりますのでこれはとても良いことではあります。

最初に8000円くらいで出品して今回ダメだったら次は少し安くしようと思ったのですがもう最初の初日で入札が入りました。
つまりは、売れることは確定した、ということです。

後はどのくらい値段が高くなるのか、ということに重きが出て来るわけですが、これはもはや自分ではどうこうできることではありませんでしたから、それはとくに気にすることではなくなっていました。

いざ落札されたあとに梱包をして送るということになりますが、これはなかなか迷ったことでもありました。

タブレットを購入したときの箱があればそれに入れればよいということになりますがそんなものが残っているわけがなく、どうしても自分で箱を用意しないといけないということでもありました。

ですから自分で箱を用意しなければならないということになったわけですがさすがにフィットする箱というのがなかったのでちょっと小さい感じの箱を探してきてきました。

それでもタブレットを入れるには大きいのでまずはタブレットに緩衝材をぐるぐる巻いた上で、箱もそれにフィットするように、ということでカットしたりガムテープで貼り直したりというようなことを繰り返して少しでも小さく郵送できるような形にしました。

手間はかかるのですがその方が送料を安くできるかもしれない、ということでやってみることにしたわけです。

それとタブレットは個人情報などがしっかりと入っているわけですから、それはキチンとすべて消去してから、ということにはしていました。

これはかなりしっかりと確認するようにしていました。

なにしろ、個人情報などが入っているわけですから、さすがに流出させるわけにはいかない、ということがありますから、これはしっかりとしたいところといえます。

送る時には精密機械ということできちんと安全に使ってもらうことができるようにという配慮などもいろいろとやって、とりあえず落札された後にそれなりにしっかりとやり取りをして送る手続きをしました。

特に大きなミスとかトラブルということもその後起きるということはなく、安心して受け取りましたという連絡を受けましたのでよかったです。

特に儲けたということではないです。

あくまでいらないものを売る、ということでしたから少しでもお金なればよいなぁ、という程度の話しでしたから、これはまったく問題なかったです。

梱包するための緩衝材も家の家にそれなりに残っていましたから、特に新しく探さなければならないということもなく、購入してこなければならないということもなかったです。

利益が出た、というわけではないですが、それでも上手く売れたのは物凄く助かったことでした。

ダンボールで自分で箱を作るということをやらなければならなかったということになりましたが、それも意外と楽しいことではありました。

今後もこうしたことがありましたら臨機応変に対応していきたいと考えています。

売上は振り込みというか、デポジットのような感じで貯められていくものでしたからもう少し貯まったら出金しようと考えています。

関連記事

  1. amazonで学んだこと|FBA出品・納品代行

  2. 初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行

  3. ヤフーamazonでのアニメポスターの出品は手堅く稼げる|FBA出品・…

  4. amazonを初めて使ったとき|FBA出品・納品代行

  5. 下着の販売で稼げました!|FBA出品・納品代行

  6. ネットamazonの苦労話|FBA出品・納品代行