ついついやってしまいがちな予算外丁寧梱包|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonで商品詳細を記載する際に入力する価格の内訳には商品代、送料は入っているだろうが、抜けがちなのが『梱包代』。

amazonが流行りだしたころ、私も例にもれず利用している20代前半の女でした。

私が販売していたのは、読み飽きた大量の漫画の単行本と、当時していたアパレル販売業で買いすぎた服や雑貨が主でした。

服の梱包は難しくはありません。

備考欄に「小さく梱包するため、シワをご了承いただける方のみ」と記載するだけで、柔らかく傷もつかないのでクッションになるような梱包材を使う必要はありません。

問題は、本。

しかもセット販売していたために、一度に発送する冊数は5~35冊です。

ネットで中古本を購入した方なら分かると思いますが、大抵は販売する本に折れや汚れがある場合は記載、若しくは画像が載っていることがほとんどです。

それが価格を決めるポイントの一つになるので、その折れや汚れ一つで購入者の満足度に関わります。

amazonでは購入者から評価を受けるシステムとなっており、評価が低い出品者は購入者が避ける傾向にあります。

「新古品の良品」を購入した筈が、届いた商品が傷だらけなんてことは購入者も避けたいでしょうから当たり前ですね。

低評価がついた出品者の商品は売れにくくなってしまうため、気を付けたいところなのです。

それで気を付けて商品情報を記載したにも関わらず、雑に梱包したが為に発送中に傷がついて良品ではなくなってしまえば、せっかくの気遣いも水の泡。

購入者にはどこでいつ傷がついたかなんて関係ありません。

届いた商品が全てです。

自分の手を離れてからが怖いところなamazon。

そこで私は重さのある本に折れや傷がつかないよう厚めに梱包材を巻き付け、どう転がっても中身が動かないよう細心の注意を払って、十数冊の本を厳重に梱包したのです。

さて、ここで既に価格内訳にない「梱包材」が登場しています。

そしてもう一つ。

ここまで厳重な梱包をすれば出てきてしまうのが、サイズ変化です。

送料計算の為に採寸した時よりも明らかに大きくなっています。

つまり、場合によっては送料が上がります。

私は購入が決まってから梱包していたので、その時点では価格を変更することが出来ません。

結局私は、初回の販売に梱包材に200円、送料差額に350円を予算外に支払い、-550円を出してしまいました。

その時の売上予定は500円で設定していたため、-50円の売上です。

経費の方が上回った失敗経営です。

本は更に、重さにも送料を左右されてしまうので、梱包方法によっては送料が馬鹿になりません。

そのため、内訳には送料を細かく記載するようにしていたのですが、購入者の中には「雑な梱包でいいので安くしてほしい」という方もいます。

「そうは言われても」と思ってしまうのは、私の頭が固いせいでしょうか?
「実際、希望通りに雑に梱包して発送したとして、送られてきた商品の状態が購入者の予想以上に傷がついていたとしたら、難癖付けられて低評価になってしまうのではないか」と不安になりました。

その不安があり、梱包代を安くしようとコメントをしてくる方とは取引を辞退しています。

それ以外で、ただ私と値下げ交渉をしたくてコメントをしてくる方とは、遊び感覚で応じて安くしてはいました。

要は、売る方も買う方も、満足できる形で取引が終わればいいのですが、「思ったのと違う」は双方に起こり得るトラブルの原因になります。

売る側として気を付けなければならないのは、買う側が何を期待しているか、何を重視しているかを確認する事だと思っています。

丁寧すぎるくらいに備考欄にも記載するのですが、かかっている手間、時間があるのに、ノリで値下げすることのある私は、儲け目的ではamazonで販売はできませんね。

儲けたいなら、小さくて軽くて、梱包しやすい物の方がいいでしょう。

関連記事

  1. なかなか入金をしてくれなくて苦労した|FBA出品・納品代行

  2. amazonで苦労した話|FBA出品・納品代行

  3. 初心者はごちゃごちゃなって難しさがあるからこういうのはダメなのか!?|…

  4. 初めてのamazon、ネットamazon|FBA出品・納品代行

  5. サイズオーバーを回避するのに一苦労!|FBA出品・納品代行

  6. 子どもの頃に遊んでいたおもちゃがまさかのプレミアム価格?!|FBA出品…