液体物の写真の撮影方法について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

今回はamazonで出品した際の話です。

自分たちの結婚式で、退場時にゲストの皆さんからバブルシャワーをやってもらいたいと思いバブルシャワーを大量購入しました。

ただ、実際には4割程度しか使用しなかったので、残りをamazonで出品することにしました。

全部で2箱余ったので試しに1箱を出品したところ、上手く交渉がまとまったので出荷しました。

大変だったのはこの後です。

評価が普通だったので何かあったかと思い相手のコメントを確認すると、液体の色が写真よりも黄色く見えるとのことでした。

私の写真ではバブルシャワー内の液体がキレイな無色透明に写っております。

実際に手元に残っているものを確認してもキレイな無色透明に見えるので、なぜそんなコメントが返ってきたのだろうかと不思議に思っていました。

その後、しばらくしてからまた気になりだしたので、ふと手に取ってみて衝撃が走りました。

さっきまでは無色透明だと思っていた液体が、確かに黄色く見えます。

古いものが混じっているのかなと思って他の商品を手に取ってみても同じように黄色く見えます。

どうしてだろうと思っているときに、突然判明したのです。

昼間は明るいので室内の電気は切っています。

その状態で見るとキレイな無色透明なのですが、夜になって部屋の電気を点けた状態で確認すると黄色く見えることが分かりました。

その時に受け取られた方のコメントの意味は理解できたのですが、問題はここからです。

残った一箱については新しく写真を撮影しなければなりません。

amazonは個人の評価も重要です。

評価が低い人が高い値段設定をしていても敬遠されがちです。

同じ商品、同じ値段でも評価が高い人の方が購入してもらえる確率は高くなります。

また同じ写真を使い回して評価が下がるのが嫌だったので、写真を撮り直すことにしました。

しかし、困ったことになかなか良い写真が撮れません。

あまりにキレイに無色透明な写真を撮影すると、前回のように評価が下がってしまいます。

だからと言って黄色を強調しすぎると、せっかくのおしゃれなバブルシャワーが台無しです。

どうにか良い方法がないかとカメラも携帯のカメラから持っていた一眼レフのデジカメまでいろいろ試してみました。

しばらく粘ってみましたが、私のカメラテクニックが引くこともあり、あまり良い写真は撮影できませんでした。

最終的には思い切ってキレイな無色透明の写真と、ちょっと色のついた写真をどちらも掲載することで対策を実施しました。

今回は黄色い写真も掲載しているので前回と同じ値段で買い手がつくか最初は不安でしたが、思ったよりも早く買い手がつきました。

ただ不安はそこでは終わりません。

今回も受け取ってから「こんな色とは思わなかった」と言われないかと多少心配しておりました。

そんな不安を抱えながらも迎えた到着予定日当日。

相手から無事に届いたという連絡が届き、同時に良い評価を頂くことができちょっと安心しました。

それにしてもバブルシャワーとは、要するにシャボン玉を飛ばすためのキットです。

私はその中の液体の色など気にしたこともなかったですが、世の中にはそんな細かいところも気にされる方がいるのだなと思い非常に勉強になりました。

また、写真を撮影する際も、自分が見ている色と同じ色に写っているかを気にするようになりました。

それまでは商品の形状が分かるかや、反対側もしっかりと分かるようになっているということを中心に写真を確認しておりました。

しかし、この一件で色という新しい視点を得られたので、それからは照明の当たり具合にも気を使って誤解のない写真を撮ることを心掛けています。

みなさんも液体やガラスなどが外から見える商品を出品される際にはぜひお気をつけ下さい。

関連記事

  1. amazonで売れた「渓流用カーボンロッド(ハエ竿)」の梱包|FBA出…

  2. 面倒臭い問題を避けて楽しもうamazon!|FBA出品・納品代行

  3. 初めてamazonでタブレットPCを売っててんやわんやした話|FBA出…

  4. 自分史上で最高額の転売品|FBA出品・納品代行

  5. 友人の不要品の代行販売をしています。 |FBA出品・納品代行…

  6. amazonは車やバイク関係のパーツは良く売れたりします|FBA出品・…