ゲームソフト@PlayStation出品時の苦労話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

今でこそ、そこまで時間を割かなくなりましたが、私の趣味の一つにテレビゲームがあります。

特に学生時代は時間的な余裕があったこともあり、主にはPlayStationでRPGやアクション、シミュレーション、格闘ゲームなど様々なジャンルのゲームをプレイしてきました。

この頃はさほどお金を持っていなかったこともあり、数本クリアする(飽きてやめたものも多数ありましたが)度にamazonにソフトを出品して利益を得て、その利益を元手にまた新しいソフトを購入するということを繰り返していたものです。

私が初めてamazonにゲームソフトを出品した頃は、特に梱包に気を使わず大き目の封筒にそのままソフトを入れ、ガムテープでぐるぐる巻きにするだけの梱包をして出荷していたものです。

しかし時折、(特にPlayStation1の時代は)ケースにヒビが入っているということで購入者からクレームを受けることがありました。

生真面目な私は、せっかく楽しみにしてくれている購入者に残念な気持ちになってほしくない一心で、輸送中の衝撃を抑えるために100円均一で1枚105円のクッション材入りの封筒を購入しました。

これを使うことで、確かに封筒の中で商品が安定し、ショックも吸収できていそうでしたので、しばらくこれを利用し続けていました。

しかし、あるとき、冷静になると極めて当たり前のことに気づいたのです。

1,000円程度(場合によってはもっと安価)で落札された商品に一律105円のクッション材付の封筒を使う、、、非常にもったいない。

中古で購入したソフトは再販する際に1,000円以下となることもしばしばでしたので、利益の1割が梱包コストにもっていかれることになります。

これではさすがにもったいないと気づいた私ですが、それでも尚、購入者のことを考え、輸送中の衝撃を抑える必要があると思いました。

そこで、宅急便等で届いた荷物の中に同梱されているクッション材(俗にいうプチプチ)を大事に保管しておき、商品を梱包する際にそのクッション材を自ら裁断、通常の封筒の内側に糊付けすることで、100円均一で購入していたもの同等のお手製クッション材付梱を作ることに成功しました。

以降はこの手法を用いて梱包、出荷をすることになりました。

しかし、社会人になり、仕事が忙しくなるにつれて、ゲームをする時間が減ったことはもちろんですが、加えてamazonサイトに出品することすら煩わしくなってきました。

なるべく購入してもらうためには様々な角度から写真を撮り掲載し、ゲームの概要やお勧めポイントをライティングし、落札されたあかつきには、あのお手製クッション材付封筒を作って梱包し出荷する。

日中は仕事をして、夜は付き合いも増え、土日はその疲れを取ることに集中したいので、クッション材を綺麗に裁断し、きっちりと糊付けして封筒を作るという作業は苦痛でなかなかやるにはなれませんでした。

結果、時間をお金で解決するために一律105円のクッション材付封筒を100円均一で購入し利用するスタイルに戻ることになりました。

利益を上げるために手間をかけるのも良いですが、自分の生活スタイルに合わせてコストをかけるところにはかけるという重要なことに気づかされました。

しかしながら私はここでも、気づいてしまったのです、、、。

最近のゲームソフトはソフトケースになっているということを、、、。

PlayStationも昔はハードケースだったため、輸送時に損傷することがありましたが、昨今のゲームソフトは全てと言って良いくらいソフトケースに入っています。

ソフトケースは衝撃に強く少しあたったくらいでは損傷することはありません。

当然、中のディスクも守られるので、もはや輸送時の衝撃対策は不要と言えます。

生活スタイルに合わせてコストをかけることも重要ですが、そもそも何のためにコストをかけているのか一歩引いた目線で目的を見つめなおすことも大切だと気付かされました。

関連記事

  1. 厚底靴の発送は中々大変|FBA出品・納品代行

  2. amazon奮闘記~サイズや重さにはご注意!~|FBA出品・納品代行

  3. エアガンのカスタム部品は法令を巡視する|FBA出品・納品代行

  4. とあるamazonでの経験|FBA出品・納品代行

  5. カードが折れないか心配|FBA出品・納品代行

  6. 初めてのamazon|FBA出品・納品代行