amazonでの苦労話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonの梱包や発送方法、メッセージでのやり取りは今でも悪戦苦闘しています。

どうやって梱包すれば予算内に収めた発送ができるか、商品に傷をつけることなく購入者の手元に届けられるか、
どういったメッセージを送ればお互い気持ちよく取引ができるか、を常に意識しながら使っています。

私は2年前にamazonを使い始めたのですが、最初に私が出品した商品が映画の来場特典でもらったアニメ色紙でした。

私なりに色紙を厚紙で挟み、傷や折れがつかないように固定して発送したのですが、
購入者側から「梱包に問題はなかったが、色紙に傷がついていた」とクレームが来ました。

その人自身が悪質なクレーマーなのか、本当に傷がついていたのか、今では定かではありませんが、
この経験がきっかけで梱包の重要さ・大変さを知ることができました。

しかし、丁寧に梱包しようとするとそれなりの費用がかかってしまいます。

私は会社で余っている緩衝材や段ボール、厚紙をもらって帰って再利用しています。

発送方法に関しても、厚さを3cm以内に収められるか、三辺の合計は大丈夫か、定形内に収まるか、を重要視しています。

どうしてもかさばってしまう厚手の衣類に関しては、100均などの圧縮袋を使ったほうが、トータルでみたときに安くなることもあります。

そういった細かい部分は出品者側の工夫が問われる部分だと思うので、購入者側には伝わらない苦労だなとも思います。

また、大きなぬいぐるみなどは、商品価値以上に多額の送料がかかってしまいます。

利益は100~300円程度でいいかなと思っていても、手数料・送料込みで計算すると1500円くらいかかってしまう場合もあります。

そのような商品は一定期間出品はしますが、売れ残りそうであれば処分するしかないと思っています。

また、梱包や発送の話ではないのですが、私はいろんな複数のamazonを使い分けています。

早く売りたい商品に関しては、複数のアプリで出品し、売れたら別のアプリの出品は削除する、といった形で利用しています。

他にも、明らかに早く売れるであろう人気商品については、販売手数料が安く抑えられるamazonで出品しています。

amazonの使い分けも大変苦労しますが、最大限の利益を出そうとするのであれば、有効な活用法だと思っているので、
私は積極的に利用しています。

その他の苦労話としては、出品画面の商品詳細を読まずに購入してきた人が、いきなりキャンセルしたいと申し出てくることが何度かありました。

商品の内容や、申し訳なさを感じる文章が送られてきた場合はキャンセルを受け入れるようにはしているのですが、その中でも気苦労したのが、
発送済の商品(今回の場合は漫画一式でした)を突然キャンセルしたいと言われたときです。

もちろんこちら側に一切の過失や不手際はなかったのですが、どうやら漫画自体を間違えて購入してしまったらしいのです。

購入者負担での返送も提案したうえでこのまま購入していただけるということになったのでよかったですが、
自分の意思で購入した商品を、購入者都合でキャンセルを申し出てくる人については、
今後巻き込まれないためにも、思い切ってブロックするなどの対処が必要だなと思いました。

インターネット上での顔の見えない取引だからこそ、露店などと違い、苦労はありますが、
気軽に家にある不要物を売れるところはやはり大きなメリットだと思っています。

amazonでハンドメイド品などを売ったりもできるので、お小遣い稼ぎや主婦の方にはぴったりだとも思っています。

今後も梱包方法や発送方法などを研究しながらamazonを活用していこうと思います。

関連記事

  1. ダウンがなかなか入らない!圧縮の機械を借りた話|FBA出品・納品代行

  2. メンズ・レディース向けのキャップは良く売れますが価格設定が難しい|FB…

  3. さまざまなサイズの発送手段|FBA出品・納品代行

  4. 発送は重さと厚みが勝負|FBA出品・納品代行

  5. 味を占めてしまいそうな転売ができてしまった|FBA出品・納品代行

  6. amazonで書籍を売ってみました!|FBA出品・納品代行