3センチの壁と重さのワナ|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

2年前くらいからamazon「amazon」を利用しております。
いまだに梱包は面倒だなと思うことが多々ございます。

amazonを登録した当初は、とんかく不要なものを出品してみようと考えており、金額設定も同じ商品を出品している人をみてみてこのくらいかなとおおよそで設定し、発送方法も匿名で、かつ宛名の記入をしなくていい「ゆうぱっく便」というのを選んで出品しておりました。

コーデュロイのスカートを出品して、いざ売れた時、畳んでビニール袋に入れて茶色いA4サイズの封筒に入れようとしたら、入らない!ということがありました。

そこで、普通の封筒だったからいけないんだと思い、100均で購入していたまち付きのA4サイズの茶色い封筒に変更して商品を入れたところ、なんとかコーデュロイのスカートを入れることが出来ました。
よかったぁと思い、さっそく郵便局に出しに行きました。
受付の郵便局の方が、封筒の厚さチェックのために穴の開いた板に通し始めたのです。
郵便局の窓口で郵便をだした経験なんて今まで無かったので、そんな道具を初めて目にしました。
すると受付の方が「3センチを超えているみたいなので別の方法に変更しないと送れないです」と言ってきました。
そんな送り方をかえるなんて、購入してくれた方への確認が必要だったり、住所も聞かなくちゃいけなかったり簡単に変更なんてできない!と思い、封筒には入ってているのだから畳み方を変えれば行けるはずと思い、畳み方を変えては、これならどうですかと郵便局で厚さを確認してもらいました。
何度か挑戦して受付の方も封筒を抑えながら、なんとか3センチを測る道具を通過することが出来ました。
その時は必死だったのですが、よく考えると郵便局内でとても迷惑な行動をしてしまったなと反省しております。
そこから、ただ安心安全な「ゆうぱっく便」を選べばいいというものではないんだと学習しました。

小さいアクセサリーや、化粧品のサンプルなど小さくて軽いものは普通郵便で送れば、ゆうぱっく便の175円以下で送ることが出来ることもできるのです。

そこで、3センチを超えていなくて軽そうだなと思ったものは普通郵便で送ってみようと決めました。

ちょうど、子供の雑誌の付録についていたおもちゃがあり、うちの子には部品が小さすぎてまだ危ないからamazonに出品をしました。

厚さは3センチぎりぎりでしたが、おもちゃなんだから軽いだろうと思って、封筒に入れて郵便局の窓口へもっていきました。

窓口の方が重さを測ってくれて「250円です」と言われた瞬間の悔しさは忘れません。

家にはかりがなかったので「大丈夫だろう」という気持ちで正確な重さをしらないまま梱包をしておりました。

規格内のサイズだとだと100グラム以上はゆうぱっく便のほうが得だということを学習しました。

私は、何度も郵便局で学習させていただき本当に感謝です。

厚さと、重さと両方を考えてamazon便にするか、その他の送り方にするかを考えなくてはいけないのでただ出品して売るだけと思っていた当初の私に教えてあげたいし、これからamazonを始める方がいたらぜひ教えてあげたいなと思いました。

今では、家にはかりもるし、3センチ以内かどうかをはかる道具もあります。

いまでは、どちらのほうが得で、かつ安全に送れるかを考えて発送方法を選択しております。

また、郵便局から「国内郵便料金早見表」をもらってきたので、規格内・規格外のサイズ、重さ、料金を必ずチェックしております。

amazon初心者なら発送方法の仕方など調べてから行うと思いますが、私も調べたつもりでしたが、実際に実践してみてわかること、知ることがあるのだなとおもいました。

3センチの壁と重さのワナに引っかからないようにどこかに書いてくれていれば最初からスムーズにできたのになとおもいました。

関連記事

  1. 梱包、配送方法での、出品者と落札者の感覚の違い|FBA出品・納品代行

  2. 売り手として利益の勉強にもなる|FBA出品・納品代行

  3. ゲーム機限定バージョンの出品したら違反通告された件|FBA出品・納品代…

  4. アイマス系のものを売ることに|FBA出品・納品代行

  5. amazonでぬいぐるみの出品|FBA出品・納品代行

  6. 断捨離は収入アップ♪|FBA出品・納品代行