【悲報】出品物の大きさと価値は、決して比例しない|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonやamazonを使って不用になった中古品を販売して発送するときに、一番ネックになるのがその商品の発送料ではないでしょうか。

当時の購入金額もそこまで高いものではなく、かつサイズの大きいものを出品しようものならその発送料で売り上げが吹き飛んでしまいます。
むしろ、使用するアプリの発送料関連のシステムについてよく理解してなかった場合、最悪のケースではこっちがお金を払って購入者に商品を渡してしまうということも起こりうるでしょう。

一生懸命ダンボールや梱包材などでパッキングしたのに、さらに数百円損するという初心者は結構実際にいるのではないでしょうか。

私の場合、まだamazonを使い始めた頃にはよくそれこそ損はしませんでしが、発送料に対しての意識が低すぎたため予想していた利益よりもはるかに少なかったことに大変落ち込んだ記憶があります。

ただ、この残念な体験はこのあとこのアプリを活用していくという上においては、非常に有益なことだったと自覚しています。
ここでメインタイトルである「主品物の大きさと価値は、決して比例しない」という超重要な法則を知ることが出来たのです。

くわしくこの時の経緯をお伝えいたしますと、当時私が出品しようとしていたものは「IKEA」のアルミ製のラックでした。
組み立て式のラックで、もちろん分解も可能だったのでキチンと全てバラバラにしてから梱包をしました。

ただ一つ問題があり、購入時にもともと梱包に使われていた箱はすぐに破棄してしまったので手持ちの梱包材(Amazonやその他通販サイトで手に入れるダンボールなど)を駆使するしか方法がありませんでした。

バラバラにして重ねて梱包しようにも、ぴったり納めることができるダンボールなどそうそう無いものでしたから、切っては貼ってを繰り返したつぎはぎだらけの不恰好な仕上がりになってしまいました。
作業時間もなかなかなかで1時間から2時間もかけ、途中何度もめげそうになりながらやり切りました。
妙な達成感も当時感じていたと思います。

梱包が完了してすぐに配送業者に集荷依頼をかけました。
待つだけでいいとはなんて良い時代なんだと感じます。

この当時よりもさらに昔の話になるのですが、大量の本を古本屋さんに持って行ったことがあるのですが、あの時はその本を運ぶためだけにわざわざ車を借りてまで運んだ記憶があります。
大きいものや重いものを中古にだすのはかなり労力がかかるものだとこの時から潜在意識に植えつけられていたので、このamazonと配送業者の連携からうまれた集荷サービスに出会った瞬間はまさに革命でした。

「これで物の大きさ重さも関係なく、断捨離がもっと気軽にできる」と、喜んだのはつかの間です。
それが配送料を知らなかった問題です。

先ほどヒイヒイ言いながら何時間もかけて梱包したこの「IKEA」のラックを売って、結局いくら手元に残ったのかというとなんと100円くらいでした。
こっちも不用なもので処分したいという目的もあったものですからまずまず納得はできたものの、amazonの売り上げ金残高のところにたしかに100円が増えているのを見つけた時は発送するまでの苦労が一気にドッと蘇りました。
「集荷もしてくれるし、お金にもなるし何て良いサービスなんだ」と喜んでいるうちは本当に無知なんです。
「安くて大きい(もしくは、重い)ものは売ることは非常に難しい」というこの現実は、いつの時代も変わらない現実なのかもしれません。

ただこれでもう一つわかったことがあります。
それは、中古品で回して運用をするのであれば絶対に「小さくて、軽くて、高いもの」、これが最もこのシステムに適しているということです。

「いらなくなったら売ればいいや」が本当にその品物に通用するのかどうかを、今一度見直してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. ほうきと長い柄を別々に出荷|FBA出品・納品代行

  2. 後から値下げ交渉はやめて|FBA出品・納品代行

  3. もらい物の着物が嬉しいお小遣いに変わりました|FBA出品・納品代行

  4. こんなに大変なんて・・・|FBA出品・納品代行

  5. バイオリンの梱包作業に苦労しました|FBA出品・納品代行

  6. 購入者の後出しじゃんけんに困りました…|FBA出品・納品代行