革の製品は販売が難しい|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonサイトにて革で出来た財布の他、ブーツなどを販売していたことがあり、その際の苦労した話になります。

これは、商品の売約が決定してから、出荷後にトラブルが起きることが多く、特に多かったのが、サイズの違いです。

まず、ブーツの場合、サイズぴったりに履こうとしてはいけませんと注意を促していてもブーツのサイズが合わないということで返品を望む人が多いです。

革のブーツは、サイズぴったりの物を履くのが難しく、その理由としては、サイズに若干異なりがあると丁寧に説明しているのにもかかわらず返品を申し出る方が多かったです。

その場合、対処法としては革を柔らかくして伸ばすという作業を川のブーツに詳しい方なら行う上、そのことに関しても明記しているのにもかかわらず返品を申し出る方がとても多く、対処に追われたことがあります。
結論としては私は革のブーツなどの他革のジャンバーなどの取り扱いを辞めるという方向で調整し、amazonにて販売してました。

どちらかというと革のブーツは儲かっていて、入手することも容易だったんですが、どうしてもそう言った、ブーツのサイズが合わないという苦情に対して嫌になり、扱うのを辞めたということです。

革の財布については、私が革を購入して編んで財布を作ってまして、利益は出るんですが、残念ながら時間が掛かることと、デザインにも流行りというものがあり、はやり方外れたデザインで財布を作ると売れ残り、その財布の処分について苦労をした経緯があります。

革の製品をamazonにて販売する際、amazonでもなんでも売れ行きは良いんですが、問題としてはのちのクレームの多さです。

特にブーツの他革のジャンバーなどもサイズが合わないということで返品を申し出る方が多いです。

ちなみに、大きさをきちんと図っても、革の製品というのは袖を通したり、メンテナンスをしないと大きさが変化してしまうので、言ってしまえば、購入した当初はぴったりだった、もしくは、若干ぶかぶかだったという状態のもので購入した人が満足していてもたったの数日でサイズが異なって縮んでしまうこともあります。

こういった問題は革の特性を知らない方が購入して保管方法も知らない方が購入をした場合、問題になり、それをいちいち説明しているとさらに時間が掛かる上、相手の方もイライラしてくるのでしょう返品を望む方が多くなり、扱うのを辞めたという経緯があります。

その為、最近ではそういった革を扱うamazonでは、返品不可ですとか、文句を垂れないと注意書きをして販売している人もいますが、結局、返品はされてないと思いますが文句は垂れられてます。

梱包で文句を言われるのであれば改善につながる方法を模索できるんですが、購入してから、自分でメンテナンスを一切していない製品にまで私の責任にされてしまったのでは、嫌になります。

こういったことでも私のamazonでの評判が下がりますので、利益がある製品を売りたくても売れないという状況に陥ったというお話です。

現在、私は主に財布を扱っていて、ある程度収入を得ていますが、やはり、ブーツや革ジャンなどに比べると利益率は悪く、財布の場合、自分で作る上、作れる量が決まっている分、たくさんの利益を得ることはできないです。

ちなみに一度、メンテナンスをする、ワックスなどを同梱したこともありますがそこまでして革の製品を使いたくないという理由で返品を申し出る方もいまして、やる気を失い、革ジャンの扱いの他、ブーツを辞めたということです。

単純なメンテナンス方法でも、面倒であると言われてしまえば、返品に応じるしかない上、こんなことで評価を落としたくないので利益があっても問題になりそうなものは販売しなくなったということです。

関連記事

  1. 海外で商品を販売する苦労|FBA出品・納品代行

  2. 電動アシスト自転車のバッテリーが売れたのはいいけれど・・・|FBA出品…

  3. 大型バイクの取引での引き渡しに関するトラブル|FBA出品・納品代行

  4. amazonでコレクション用切手を売った時の梱包苦労話|FBA出品・納…

  5. でかいフィギュアの梱包…疲れる|FBA出品・納品代行

  6. ベストな梱包をする為に…|FBA出品・納品代行