漫画本の出品について|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

今回は、amazonで漫画本を全巻まとめて出品したときの大変だったことについて、お話ししたいと思います。
全巻まとめて売れたということで、売れた際の金額が高めにはなるのですが、実際に経験してみて、こんなにも大変なのかと正直驚きました。
また、送料負担での出品でしたので、重量も重いため、差し引いた売り上げが思いの外、少なくなってしまって、悔しい思いもしました。
大変だった内容について、詳しく解説していきます。
まずは、商品の写真撮影です。
商品の魅力や、汚れなどの保存状態が分かりやすいように、工夫して撮影するのですが、量が多いので、積み上げても、横に並べても全体を撮影するのが難しく、結局何枚にも分けて撮影して、分かりやすいように心掛けました。
そして、次に売れるまでの待ち時間です。
一度出品したものに対して、また本棚に戻してよいものかどうか悩みまして、部屋の隅に置き去りにされたまま、売れるまでの数日間、狭い部屋で過ごしました。
何セットも出品していたとしたら、やはり本棚に戻すといった作業も行わなくてはいけないなと感じました。
そして、いよいよ売れて、梱包作業に入ります。
漫画本数冊であれば、封筒などに入れて簡単に梱包できるのですが、数十冊ではどうしたらいいか考えました。
考えた結果、段ボールがいいのではないかと思いました。
そこで、まずはスーパーなどで、不要な段ボールを探していただいてきました。
日用品の段ボールが比較的きれいでおすすめです。
そして、その段ボールに漫画本をいれてみたのですが、ジャストフィットしないんです。
絶妙な隙間が生まれてしまって、配送の際に商品が傷ついてしまって、お客様に不快な思いをさせたらと思うと、何とかしなくてはと、また考えました。
そこで、梱包用のプチプチを使ってみました。
商品自体は包まれて、安定したのですが、隙間は埋まりませんでしたし、隙間にプチプチを詰めても、なんだか心許なくて、不安でした。
そこで、別の段ボールをカッティングして、隙間にフィットするようにはめ込み、その仕切りを固定するためにガムテープではったり、新聞紙を詰めたりして固定してみました。
その後に、蓋を閉めて少し段ボールを傾けたりしてみました。
すると、うまく固定されており、ほぼ動かないようになりました。
残すところは、配送です。
宅急便の会社に、持ち込みました。
重量がそこそこあるので、重い荷物を数キロ運びました。
宅急便の会社に着く頃には、腕がパンパンとなっていて、下手なトレーニングよりも、ハードなトレーニングでした。
先にも述べましたが、ここで初めて軽量をして、送料が分かるわけですが、送料を見てとても驚きました。
販売価格からこの金額を引くと、あまり利益が出ないのではないか、といった計算を咄嗟に頭の中でしてしまいました。
実際には、千円程度にはなったのですが、資材を調達したり、宅急便の会社まで持って行くことや、工夫を重ねた梱包作業などなど考えると、もう少し販売価格を考えてもよかったのかなと感じました。
その後、商品が無事にお客様のもとに届き、評価をしていただきました。
そのコメントを見ると、梱包がきれいにされていて、とても嬉しかったといった内容が書かれていました。
発送直後では、大変な思いをして、あまり利益が出ないといった、不満を感じていましたが、お客様からのコメントを拝見して、なんだか、今までの苦労がスッキリして、気持ちが晴れました。
今後出品する際には、もちろん、販売価格だけでなく、梱包や重量など出品にかかる費用も考慮していかなくてはいけないといったことも大事ですが、お客様にきれいに気持ちよく届けるといったことも意識していきたいと感じました。

関連記事

  1. 苦労したamazonでの発送|FBA出品・納品代行

  2. ギリギリ入らない!なるべく安く発送したい…|FBA出品・納品代行

  3. 【発送問題】amazonへ精密機器を出品|FBA出品・納品代行

  4. ハンドメイドアプリでの苦労|FBA出品・納品代行

  5. 【悲報】出品物の大きさと価値は、決して比例しない|FBA出品・納品代行…

  6. 梱包作業に四苦八苦!|FBA出品・納品代行