amazonで学んだこと|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

私はよくamazonを利用しています。

買いたいものも、まずamazonで探す癖がついてしまいました。
 

最初は買ってばかりでしたが、そのうち不用品を売る様になり、ある日、不要になったプリーツスクリーンを売る事にしました。

80??210サイズのなかなか特殊なサイズの大きなもので、金額も高めなだった為、なかなか売れないかなと思っていましたが、すぐに購入希望の方が現れました。

数回のメッセージのやり取りの後、無事ご購入いただき、私は発送の準備に取り掛かりました。

折りたたんでもまあまあの大きさと重さになる為、万が一搬送中に雑に扱われても傷つかない様、充分に梱包したつもりでした。

ところが、発送した後、商品を受け取った先方から、スクリーンを取り付ける為の金具が破損しているとの連絡が入りました。

私は早速お詫びのメッセージを送り、替わりの金具を購入してお送りしようと思いました。

ところが、元々の販売店に問い合わせたところ、その商品の金具部分のみの販売は行っていないとのことでした。

しかし、商品の販売から一年以内であれば、レシートがあれば交換が可能とのこと。

私は必死で記憶を辿り、家計簿に挟んであるレシートを探しました。

そいてついにそのレシートを見つけることができました。

しかし確認した日付は1年3ヶ月前。

無料で交換には至りませんでした。

コールセンターの方にも、残念ながら1年を越えているので、申し訳ありませんと言われてしまいました。

先方には返送していただき、取引自体をキャンセルさせて頂くことも考えましたが、私はその時あることを思い付きました。

私の家にも同時期に購入した、同じ形のプリーツスクリーンがあったのです。

しかも取り付けたのは2週間ほど前。

そんなに傷んではいないはずです。

私はその金具を外して先方に送らせて頂こうかと考えました。

先方にその旨を早速メッセージでお伝えしたところ、それでも構わないとの返答でした。

私は早速我が家のプリーツスクリーンから金具を取り外し、その金具を丁寧に梱包しました。

今度こそ傷つかない様、エアーマットで何重にも何重にも梱包し、箱にも割れ物シールをたくさん貼り、発送しました。

翌日、先方から連絡があり、金具が無事に到着したこと、私の対応に対するお礼のメッセージがありました。

私はほっとしたとともに、この一連のやり取りの中で、一度も怒りの感情を見せず、淡々とやりとりを勧めてくださった相手の方に感謝し、物を売るということは、それだけの責任があるんだということを改めて考えました。

もし、この時に激しく怒りをあらわにされていたら、私はもうamazonを利用することを辞めていたことでしょう。

はじめてのことで動揺しましたが、お相手の方への謝罪のやり取りの中で、大丈夫ですよ、明日は我が身かもしれませんし、と言っていただきました。

もちろんこちらのミスで、こちらが反省しなければならないのですが、このお言葉をいただき、とてもほっとしたと同時に、もし逆の立場になった時に、自分もこうであるべきだなぁと思いました。

いつもは楽しいamazonでのお買い物ですが、この時は本当にいろいろ考えさせられる、お取引になりました。

先方にはご迷惑をおかけすることになりましたが、本当に感謝しています。

amazonは売る方も買う方も、とてもお手軽なイメージがあります。

ずっと欲しかったものが見つかったり、今では手に入らない物が見つかったりすることもあります。

とても便利なツールであるからこそ、そのツールを上手く使いこなすことが必要だと思いました。

売る方も買う方も、ルールを守り、誠実に対応することが大切だと思います。

関連記事

  1. 絵画を納品したら割れていたとのクレームが|FBA出品・納品代行

  2. amazonで大量出品した失敗|FBA出品・納品代行

  3. 引っ越しは強制断捨離|FBA出品・納品代行

  4. ライブのCDを転売することに|FBA出品・納品代行

  5. とても時間のかかった取引でした|FBA出品・納品代行

  6. amazon【amazon】で苦労した話|FBA出品・納品代行