うっかり梱包に厚みが出てしまった!|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

いらない不用品の服が出てきてどうしよう?処分をしようか、でも処分はもったいない。

かといってリサイクルショップに持っていっても多分そんなにお金にはならないだろうしおそらく交通費の足しにもならない。

なーんて思っていた時に思い立ったのがamazonです。

梱包の手間はあるものの結構調べてみるといい値段でも売れそうだしいらないものをうまく使ってもらえるなら本望です。

特に子供のものなんてすぐ使えなくなるわりにはあまり着せなかったもの、キレイなものもたくさんあるんですよね。

子供のものは本当によく売れますので結構サイズアウトのものが家にあるよなんて人はamazonを使ってみると意外にお金になるかもしれません。

ただこのamazon、送料を含めて出品をしないといけないのですがまだ梱包はしていないので梱包後の大きさがわかりません。

そこで私の失敗談です。

出品しようと決めたものの、その時はそんなに厚みは出ないだろうと、厚みがなくて送れるような安めの送料を含めて出品をしました。

というのもだいたい厚みが3センチが分かれ道で3センチを超えてしまうと結構送料が高くなってしまい、逆に3センチ以内なら安く送ることができるのです。

物によってはほとんど送料になってしまうなんてことがあるのでできれば3センチ以内に抑えたい。

結構潰せば小さくなってくれそうだし大丈夫かな?なんて思いながら出品しました。

それから数日。

色々な反応がありつつ、無事に「やったー!売れたじゃん。

嬉しい通知が届き。

早速梱包しようと商品を出してきて丁寧に梱包。

あれ?
待てよ?
思ったより厚みが出てしまったぞ?
もっとぺったんこになる予定のところが結構厚みが出てしまってこれ、3センチ以内で行けるのか?
なんて思いながら、厚みのあるところには重ねないように畳み方をしてみるものの嘘でしょ?結構厚みがある。

厚みだけではなく大きさの指定もあるのでその大きさをオーバーしないようにすると結構厳しいものがある。

がーん。

と思いながら一応郵便局に持参。

3センチの隙間があいているプレートみたいなのに通して通れば合格、というか送れるんですがそのプレートに差し込んでみると
「厳しいですね」
と郵便局の人の一言。

ということでしぶしぶ送り方を変更することに。

送ってみてびっくり!ほとんど赤字じゃん?。

労力もかかって捨てちゃった方が安かったんじゃ?
なんてことがありました。

なので、amazonを使う前に梱包したあとどの程度の大きさになるのか(重さも含め)
そうすると送料はいくらくらいかかあるのか、というのもしっかり把握しておかないといけません。

特に畳み方は本当に大事で、袖やポケットの部分など、布が重なる部分は厚みがとても出やすいのでそこには布が重ならないような畳み方をするのは重要です。

あとは圧縮袋のようなもので空気をしっかり抜いて送ることでダウンのような厚みのあるものも薄くして送ることもできます。

ただ、開けると復活するとは言えども、ペタンコな状況を嫌がる人もいたりしますのでそこは相手に了承を取ってからペタンコにして発送した方がいいかもです。

あと発送方法も色々ありますので大きさや重さによっては最初の検討していた送り方よりも安く送れる場合もあります。

どっちにしても下調べ、というのが当たり前ですが大事になってくるということですね。

私みたいな大雑把な失敗は気をつけてください。

今となってはとても便利なamazonです。

出品も簡単なのでこんな失敗談を参考にしつつ、うまく断捨離ができるとちょっとしたお小遣い稼ぎにもなっていいですね。

不用品を減らしてすっきりとした生活を送りましょう。

関連記事

  1. 初めてのamazon、ネットamazon|FBA出品・納品代行

  2. さまざまなサイズの発送手段|FBA出品・納品代行

  3. シワになりやすいトレンチコートを送るとき|FBA出品・納品代行

  4. 梱包は商品の大きさに関係なく気が抜けない|FBA出品・納品代行

  5. なんでそうなるのー!!!|FBA出品・納品代行

  6. こんなに大変なんて・・・|FBA出品・納品代行