出品前に確認が必要?価格や送料の設定で損した話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

普段、着なくなった服やカバンなどの不用品をamazonやamazonで出品しています。

合わせてお取引件数も300件を越え、今ではもうそんなミスはしないのですが、価格や送料の設定で失敗したことが多いのでそのお話をしたいと思います。

amazonでもamazonでも基本的に送料無料(送料込)での出品が多いので、私もその通りにしています。

amazonを始めたての頃、なかなか売れなかったので小さなバッグを思い切ってお値下げしたところ、すぐに売れました。

はじめて売れたのはとても嬉しく、興奮しながら発送、無事届いてお受取り評価をしていただき、入ったお金を見たところたったの185円…。

システム上のミス?それとも知らないうちに海外にでも発送になって送料がかかったのかなと悩みました。

しかしよくよく確認すると5000円から4000円にしたつもりが、ゼロを一つ打ち間違えて400円で出品してしまっていたのです。

どうりですぐに売れたわけだ、とがっかりしましたがこちらのミスですし、時すでに遅し、もうお取引は終わっていたのであきらめました。

また、これはお取引件数が100件を超えた頃の話です。

出品にも慣れ、ビニール封筒やガムテープ等も揃えて、ちょっとした業者さん気取りでamazonをしていた私は、いつもより少し大きめのトートバッグをゆうパケットでの発送の設定で出品していました。

無事それが売れ、早速発送に持って行こうと梱包したところ、普段使用しているビニールの角二封筒に入らなかったのです。

持ち手を折り畳んでも、二つに折ってもダメで、慌てて家のダンボールを探しましたが、丁度廃品回収の直後でそれもありません。

家にある手提げは紙製のものしか無く、発送には不安だったので、結局泣く泣く郵便局でゆうパック用の手提げ袋を買いました。

しかも送料が600円も高くなってしまって結局700円分の損に…。

出品前に梱包に入るか確認するのも必要ですし、amazonで出品するのであれば、せめてダンボールは全て捨てずに少し残しておこうと思いました。

しかもゆうパケットであれば自宅ポストへのお届けですが、ゆうパックになったので対面でのお受け取りが必要になります。

なのでそれでもこのままお取引を継続しても良いか、ご購入者さんに確認も必要になったので、コメントのやりとりに手間もかかり、先方にもご迷惑をおかけしてしまいました。

また、ストールの出品期間が長くなっていて、季節外れになってしまうので早く売ってしまいたいという焦りで失敗してしまったこともあります。

ネコポスでの発送を設定していた商品を、定形郵便にしてその分お値下げして欲しい、それなら即購入するというコメントに、早く売ってしまいたい私は了承して、梱包に入ることを確認、お値下げしました。

そのように設定して、無事ご購入いただいたので、梱包もして郵便局の窓口持っていったところ、厚みはクリアしていたのですが今度は重さがオーバー。

結局ゆうパケットになってしまい、こちらも数十円単位ではありますがお値下げ分損してしまいました。

これから初めてamazonで出品する方には、私の失敗を反面教師として、お値下げ後の価格の確認はしっかりと、送料の設定には注意して、事前に梱包をお試したり、秤を買っておいて、出す物の重量を測ってからの出品をお勧めします。

またamazonを使いこなしている方、出品に慣れた方でも普段と少しでも違うことがあるのであれば、事前に確認した方がいいと思います。

使っていないものが誰かの必要なものになって、しかもお金になるのはうれしいものです。

しっかり確認と設定をして、楽しいamazonライフを送ってくださいね。

関連記事

  1. amazonにてコレクションカードを販売していますが、それなりに売れま…

  2. 12冊セットの美術本の梱包が大変でした|FBA出品・納品代行

  3. 予想以上に難しかったトレーディングカードの取引|FBA出品・納品代行

  4. 購入後に何度も変更依頼が来て振り回される!|FBA出品・納品代行

  5. アイドル写真がこんなに高く売れた|FBA出品・納品代行

  6. 不用品を価値あるものにする|FBA出品・納品代行