右も左も分からない梱包…|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

商品の梱包といって思い浮かぶのは、某通販サイトの過剰包装。

小さな商品に対して大きな箱で、商品の周りには大量の紙…どうしてこんなにゴミを入れるの!?と、通販に慣れていない頃はとても不思議に思っていました。

そんな私が、amazonを活用して早数年が経ちます。

今では「商品を守るために必要な梱包」がいわゆる過剰包装だったのだなと感じます。

そもそも、通販の際に使われる箱の大きさは決まっており、宅配業者によって規定が異なります。

その中で、自社のオリジナル梱包キットを持っている会社は限られており、その梱包キットの中だけで丁寧な作業を行わなければいけない業者の気持ちが今ではよくわかります。

amazonに出品をし始めた当初、生まれて初めての注文を受けた際にどうやって梱包をすればいいのか全くわからず、ネットで何度も検索をかけたことを覚えています。

商品の包み方や箱の選び方はもちろんのこと、商品と箱の隙間はどうしたらいいのかがとにかくわからず、本当に困惑しました。

そこでようやく、自分が通販で商品を買った際のことを思い出すのです。

「あ、あの過剰包装は商品を守るために必要だったんだ」と。

せっかく買ってくれた人に対して、こちらもそれ相応の対応をしなければ失礼だと思い、まずネットで梱包のやり方を学んだ後、実際に大手通販サイトにて商品を改めて購入し、その梱包のノウハウを吸収しようと頑張りました。

私が出品した商品は、小瓶に入った化粧品。

決して割ってしまうことは許されず、本当に緊張しながら梱包をしたことを覚えています。

プチプチを100円ショップで購入し、某大手通販サイトの段ボールを使い回し、見よう見まねで梱包しました。

初めての梱包、送付を終えた後も、買ってくれた人からの評価が下りるまでの時間は地獄のようでした。

本当に商品が届くのか、支払ってもらった金額に見合うような丁寧な梱包ができていたのか。

考えすぎかもしれませんが、自分がもし購入した側だったら、丁寧に梱包されていなければきっとショックを受けます。

梱包作業は、そんなことを考えさせられるほど貴重な体験となりました。

無事商品が相手の方の手元に届き、「丁寧な梱包をありがとうございました」というコメントをいただいた時の感動は、今までに味わったことのないものでした。

きっと、ECサイトの運営で梱包に携わってる従業員たちは、こういった真摯な気持ちで梱包に向き合っているからこそ、過剰包装とも言われるようなきちんとした梱包を行なっているのだと思います。

amazonの梱包作業は、いくらでも手の抜ける作業です。

でも、知らない人のために工夫を凝らし、一生懸命に何かに取り組むことは決して無駄なことではなく、こうした連鎖が優しさや暮らしやすさを生み出していくのだなと感じました。

今では、プラス料金をいただいて更に丁寧な梱包を心がけています。

小さな心遣いですし、必要ない人には重要ではない部分なので、時間をかけすぎないようにすることで、自分自身の心の余裕にも繋がりました。

通販サイトの過剰包装は、今でもよく「無駄」と言われることがあります。

しかし、必要だからこそ行われている大切な仕事であることをいろんな方に知っていただきたいです。

amazonでは、みなさん梱包の大変さを知っていますので、ここにお金がかかることも理解してくれます。

自分が納得できる形で、人に対してしっかりと対応する能力をつけさせてくれた大きなきっかけとなりました。

常に自分が購入者側だったらどう思うか?ということに重点を置き、より良い取引ができるようにするためにも、しっかりとした梱包を心がけていきたいです。

関連記事

  1. 食玩フィギュアの出品、梱包が大変|FBA出品・納品代行

  2. ハットを送るのに手間がかかりました|FBA出品・納品代行

  3. 釣り道具をamazonに出品|FBA出品・納品代行

  4. ヤフーamazonのamazon機能を使い漫画の全巻セットを販売してい…

  5. 【発送問題】amazonへ精密機器を出品|FBA出品・納品代行

  6. 意外にない、商品に合った箱|FBA出品・納品代行