再配達の時の対応が大変でした|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

amazonを使い、商品を出品、発送した時のことです。

いつもは近所のファミリーマートを利用して発送をしていたのですが、出先についでに寄ることができたのでいつもとは違う店舗で発送処理を行いました。

普段は1番配送料の安いヤマト便の、「ネコポス」というサイズでの発送を行っていました。

A4サイズで、高さが3センチまでという規定なのですが、正直いつもの店舗では0.5センチ?1センチ超えてしまっても処理してくれていました。

その時の商品は少し押さえれば、ギリギリ規定内サイズであったため、いつも通り発送処理を行いました。

しかし後日、商品が規定サイズを超えたため発送できなかったという理由で、自分の手元に戻ってきてしまいました。

同じファミリーマートからの発送でしたが、店舗によって規定サイズの測り方に違いがあるのかなと感じました。

また、amazonでは今回のように発送した商品が出品者の手元に戻ってきた場合、発送処理自体はコンビニで行ってしまったため、再度同じ方法では発送することができません。

初めての経験だったので、再配達についてネットで調べると、もう一度発送するためには、購入者の方に一度取り引きをキャンセルしてもらい、再度購入してもらって一から取り引きを開始するか、購入者の方に住所、名前をサイト内のチャットで教えてもらい、郵便局からその住所宛に発送するしか方法が無いとのことでした。

amazonではほとんどの利用者が匿名での配送を希望しているため、チャット内で見ず知らずの人に自分の名前や住所を聞かれることは、プライバシーの観点からも抵抗のある方が多いと思います。

また、商品の購入方法にも「クレジットカード支払い」「amazonサイト内でのポイント(自分の売り上げ分やチャージ分)」「コンビニ支払い」があり、今回の購入者は「コンビニ支払い」をされている方でした。

今回の場合、一から取り引きをキャンセルした時は購入者の方にコンビニでの返金作業、そして再度振り込みをしてもらわなければならないという負担がかかることになります。

そのためその旨を説明、謝罪して、お名前と住所を教えて頂き、郵便局からの発送を行いました。

しかし、サイト内では「ネコポス」にて発送した事になっているので、送料としては「ネコポス」料金が適応されてしまっています。

発送料金は自分の売上金から発送サイズによって自動的に引き落とされてしまうため、郵便局から発送した際の送料が、サイト内で既に引き落とされている「ネコポス」の配送料金とプラスでかかってしまいました。

元々「ネコポス」はファミリーマート、セブンイレブンで発送できる「ヤマト便」の1番小さく安い発送方法で、商品のサイズも小さいため売上げ金もそこまで高くありません。

結局今回の取り引きでは売上金から「ネコポス」発送料金、郵便局からの再発送料金、amazonへの手数料を含めるとほぼ残金はありませんでした。

最初からちゃんと発送サイズを守って発送すればいい話なのですが、いつものコンビニでは受け取ってもらえていたので、多少なら規定サイズを超えてもいいのかな、、と考えてしまいました。
店舗によっては商品発送処理をする前に、発送者と一緒に規定サイズ内かを確認するところもあると聞きました。

そして、amazonサイト内での再発送の手続きがすごく面倒で、時間とお金が掛かってしまい大変な思いをしました。

知り合いのamazonを利用している方も、同じような経験をしたと話していて、再配達となってしまう事案は全体的にも多いのかなと思います。

誰でも気軽に始めることができるamazonですが、私のような素人の方が多く、トラブルになった場合の対応を連絡する窓口も分かりにくく、ネットの口コミで対応策を知りました。

今後は規定サイズに気をつけて発送を行っていきたいと思いました。

関連記事

  1. amazonを使い始めたときにやらかしたこと|FBA出品・納品代行

  2. まさかの人気商品になっていた服|FBA出品・納品代行

  3. 玩具の梱包に一苦労!|FBA出品・納品代行

  4. amazonで出品した時の体験談|FBA出品・納品代行

  5. amazonでのセミオーダーの大変さ|FBA出品・納品代行

  6. しつこく追いかけてくる粘着成人|FBA出品・納品代行