ミリタリーのアンティーク商品の納品、梱包、出荷について苦労した話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

海外amazonでの出来事です。

私は主に南アフリカでのamazonに参加しております。

セラーでもあいバイヤーでもあります。

落札終了後の流れを書きます。

まずメールにてやりとりを行いますが双方の意思相通がなかなな難しい点があります。

決済はPAYPALが便利ですが手数料が掛かるので注意が必要です。

(余談になりますがクレジット決済がある場合もありますが海外でのやりとりでは使えない場合もあるので注意が必要です。

郵便小為替でも可能ですが手間も掛かりますし時間も掛かるのでオススメしません。

ミリタリーアンティーク商品を納品する際に最終確認を実際に再度確認をするのが大変苦労しました。

中古商品となりますので3Nであっても確実に納品する際に欠品や損傷や汚れ等細かい点まで点検を行いました。

梱包についても品物に適した箱を探すのに苦労するので、通常から箱の確保を行うのが大変な作業となります。

箱はペットボトルの2リットル入りの飲料品のケースが一番汎用性があるかと思います。

品物を包装する際には新聞紙やプチプチ等を使用して丁寧に包装します。

梱包については前述した適切な箱を利用して、包装した品物を入れたあとにまた空間が出来るのでプチプチ等を丁寧に入れて隙間の無い様にしました。

あとは重量を出来る限り軽くすることが大切です。

出荷に関しては航空便か船便やその他を選択してもらう必要があります。

航空便は速くて確実ですが高額です。

DHL便やUPS便も高価ですが確実です。

船便は安価ですがいつ到着するのかが不明なところがあります(コンテナが一杯にならないと出荷されないです)。

以上を確認してからも送り先の通関規則を確認することが大変重要です(禁制品や関税率など)。

インボイスを作成する際には金額を正確に書いてしますと先方に迷惑が掛かる場合がありますので適当な金額を記入します。

郵便局にて予め用意されている用紙に必要事項を記入する際には必ず大文字のアルファベットを使用しないと判別しにくくなります。

また用紙以外にも梱包箱自体にも送り先と自分の住所などの必要事項を記入しておくと間違いがありません。

保険をかける意味でも必ず追跡番号が出る様にしましょう。

郵便局へ梱包した品物を持って行きます。

重量や地域で金額が異なるので確認のために持って行く形となりますが面倒でも必ず行ってください。

送料が郵便局で確定したのちに先方へ送料の請求メールを送ります。

先方より送料が入金されたのを確認してから再度郵便局は持参して出荷となります。

出荷後追跡番号を先方にメールして確認を行います。

先方より到着のメール及びこちらでの追跡番号確認の後取引完了となります。

先方よりクレームが出た場合は基本3Nですが対応しなければならない場合があります。

その際は先方より返送料+再配送料金を必ず負担してもらうことが大事です。

相互信頼関係で成立しているので郵便事情の悪い地域では追跡番号が保険となりますので必ず保存管理しておいてください。

先方未着があった場合追跡番号で先方の国に届いた時点で免責となるのが暗黙の了解になっています。

また破損などがあった場合も免責になりますのでその旨は確実に伝えておいてください。

国内のamazonと異なりますのでルールや取り扱いが違う点が何点かありますが基本ヤフーamazonの延長だと思っていただければ幸いかと思います。

最後に禁制品だけは取り扱わないことが大変重要になりますので気にしておいてください。

日本では通じるルールが世界では通用しないということを念頭においていただければ何ら難しいことではありません。

手間ひまが大変掛かる作業ではありますが私の実体験を交えてのレビューとなります。

乱文にて失礼致します。

関連記事

  1. 漫画本の出品について|FBA出品・納品代行

  2. amazonでカメラレンズを出品した時の話|FBA出品・納品代行

  3. カーディガン厚さ3cmの壁|FBA出品・納品代行

  4. amazonの梱包は大変だけど面白い|FBA出品・納品代行

  5. フィギュアを売ることにしました|FBA出品・納品代行

  6. 頑なに自宅への発送を拒む人|FBA出品・納品代行