粗大ゴミを許可を得てもらうこと|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

街中を歩いていると粗大ゴミが捨てられていることがあります。

粗大ゴミですから、行政のゴミ回収の所にお願いしているわけでシールなんかが貼ってあってそれをつけることによって行政に引き取ってもらうことができるという有料の回収をしているわけですが、意外と欲しい物が捨ててあったりすることがあります。

そういうものを持っていく人というのが結構世の中にたくさんいるのですが私もそうです。

もちろん常にそうであるというわけではありませんし、無許可で持っていくとアウトです。

資源回収などもそうなのですが無許可で持っていくということをしますとこれは明確に違反違法ということになりますので注意しておくべきです。

その点を踏まえて私は粗大ごみのでこれはよそのところで転売できそうだなあというようなものがあった場合に、タイミングにもよりますが捨てた本人が近くにいたりする場合に捨てるなら持ってってもいいですか、と聞きます。

これが意外なほど使うならどうぞと言っても問題なくくれることが多いです。

その場合、シールを剥がし、これはまた使えますのでご自身でまた捨てる機会があったらお使いくださいということで、渡していたりもします。

これを意外と知らない人もいます。

シールを貼ったまま私にくれようとしてくれる人もいるのですがその辺はきちんと知識がある方が配慮して渡すようにするべきだと考えていますから、やっています。

良くないことではないかと思う人もいます。

しかし、ちゃんと捨てる本人には許可を取っているわけですし、その日に業者が回収しに来るということに上がっていますが明確にそれは問題ないことなのできちんと許可を取ってやっているわけですから誰にもなにか文句言われる必要はないです。

そんなわけで粗大ゴミで良さそうな物があったりして、捨てた本人が近くにいたりする場合には来れませんかということを良く言っています。

そのままは本当に自分で使うこともありますが転売することもあります。

私が使うから欲しいというお願いをしているわけではなく、いらないのであればくださいというようなお願いをしているわけですから転売も問題はないでしょう。

買ってみたは良いが使うことがほとんどなかった健康器具などでそれなりの金額がするようなものですとそれこそをamazonに出品すると結構な金額で落札されます。

機械ではなく、自分で動かすタイプの健康器具などであればそこまで高くはないのですが、電動系のものはそもそも最初の単価が高いので高く転売できます。

そういう意味でかなりおいしい転売できるものとしてちゃんと許可を取った上で、やっています。

くどいようですがあくまで本人に許可を、ということが最低条件なのでその点を勘違いしないでください。

資源ごみでもそうですが勝手に持っていくことは完全にアウトです。

私もさすがにそれはやっていません。

何しろ、それは違法行為であるかです。

しかし、捨てた本人から許可が出ているのであれば一切問題がないことになりますので、それを利用して、転売行為をしているということになるわけです。

日常的にやれることではないですし、たまたま良いタイミングで見かければという程度の話ではありますが意外なほどよく転売できるものがそのまま捨てられていたりするのでおいしいものを手に入れたりすることができたりするのが魅力的です。

あまり極端に、人におすすめできるような行為ではないこともわかっています。

ですが、そこそこ転売をして儲けることができているのも確かであり、大分面白くやっています。

儲けることもそうですが、その行為自体が個人的にはどんどん楽しくなってきているので続けています。

関連記事

  1. amazonについての感想|FBA出品・納品代行

  2. 伝票を貼り間違えて利益が吹っ飛んだ|FBA出品・納品代行

  3. サーモスは便利だが使うのに飽きた|FBA出品・納品代行

  4. ビン入り商品の販売の難しさ|FBA出品・納品代行

  5. 大好きだった漫画本を捨てられず。 |FBA出品・納品代行

  6. 通信教育のテキストが半年経っても売れる気配がない!|FBA出品・納品代…