海外ネットamazonに出ていた明治時代の切手をとりあえず最低価格をいれておいたら落札出来た。 そして送られてきたものは、とんでもない物だった。 |FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

以前、海外ネットamazonで古い切手を買ってはamazonで売って、小遣い稼ぎをしていました。

これは、その中でも飛び切りの掘り出し話です。

或る日、amazon画面を見ているとオランダからの出品で、なんとも見にくい写真がポツンと1枚だけ載せられており最低価格2$となっている物がありました。

ネットamazonに出される切手はスキャナで撮った写真を載せるのが普通ですが、これは明らかにデジカメで撮った写真でしょう。

切手自体が良く見えませんが5枚セットで、その中の一枚は明治中期に発行されていた小判切手シリーズの中の赤色2銭の未使用品であるらしい事は判別できました。

この赤色2銭の未使用品は普通品でもamazonで2000円位で売れるので、落札値2$と送料3$の合計5$を支払っても一応、儲けが出ます。

ですので最低価格で入れておきました。

しかし、何しろ写真が良く見えないので他には買い手はつかず、結局、私が2$で落札出来、5$を送金しておきました。

そして待つこと3週間。

他の落札品とともに、その5枚セットも送られてきました。

さて現物を見てみると意外に良い保存状態でシミもヤケもなく写真からは想像も出来ない位に綺麗な5枚セットでした。

まぁ一見して大した価値がありそうもない5枚ですが赤色2銭を念のために蛍光灯に透かして見て私は驚愕しました。

なんと紙が「横すき目」なのです。

明治時代の切手は製造する時に色々な用紙が使われているのですが、ほとんどは「縦すき目」か「すき目無しの無地紙」です。

「横すき目」の用紙は製造初期に、ちょこっと使用されただけで非常に数が少なく、相当な高値が付きます。

しかし、本当に真正品かどうか私には分かりません。

そこで、その切手を専門機関に送り鑑定料を払い鑑定してもらいました。

待つこと一か月、鑑定結果が返ってきました。

なんと「真正品であることを保証する」という結果でした。

この切手は使用済でも高値で売れるのに、これは未使用品でしかも物凄く綺麗です。

明治時代の切手となると、さすがに綺麗な物は少なく何かしらの問題点は有るもので「多少の問題はあって当たり前。

それが普通品」なのです。

ところが、この赤色2銭は「多少の問題」も全くありません。

この「横すきめ」の赤色2銭の未使用品のカタログ価格は普通品で20万円です。

私はこういった希少品は専門amazonに出す事にしています。

そして専門amazonに出るような切手には
カタログ価格など関係ないのです。

欲しい人が沢山いればいるほど高値に競り上がって行きます。

一方、いくらカタログ値が高くても、欲しい人がいなければ売る事は出来ません。

しかし、この赤色2銭は非常に人気が有り、専門に集めているコレクターも沢山いるので買い手がつかないという事は無いでしょう。

それから2か月後、その赤色2銭は専門amazonに「極美品 鑑定書付き 最低価格10万」で載せられました。

さて成り行きはいかに。

このamazonは大阪で行われているので東京にいる私にはリアルタイムでは分かりません。

amazonが終了してから3日後にネットに掲載される落札速報を待つしかありません。

そして終了日から3日後に見た落札速報には、280,000とありました。

オークショナーが10%を手数料として取るので実質は252000円です。

買値は、たったの500円。

それから2週間後に私の預金口座に252000円が振り込まれてきました。

私の小遣い稼ぎの中でも記録的な稼ぎとなった赤色2銭でした。

その後も、その出品者は相変わらず「見にくい写真」で出品しており何回か落札しましたが、さすがに二匹目のどじょうはいませんでした。

関連記事

  1. amazonにて衣類関係を出品しています|FBA出品・納品代行

  2. 必要がないタブレットが出てきたので|FBA出品・納品代行

  3. ネットamazonの発送もなかなか大変です|FBA出品・納品代行

  4. 送ったのに届いてない!意外なところにあった|FBA出品・納品代行

  5. 面倒臭い問題を避けて楽しもうamazon!|FBA出品・納品代行

  6. amazon利用時の心構え|FBA出品・納品代行