ベビーカーの出品が大変、今思うと後悔|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

3歳すぎ始めると子供があるくほうが好む、またはベビカー持っているけど使う頻度が減りはじめたので、玄関の置物になる前に、amazonで少しでも高値で売買できないかと思案しはじめました。

持っていたベビーカーは、コンビのA型。
いわゆる、一般的な0か月から利用できて、折りたためるけれども結構重さのあるタイプ。
これをどの値段設定でamazonで出品して、どうやって梱包、送りとどけるのか。

そして、最悪amazonで買い取りてがない場合は、0円でジモティーで出品しようと考え、半年をめどに期間限定の出品に挑みました。

今まで子供服や用品を出品した経験はあるので、段取りは分かっているものの、ベビーカーの出品と梱包(包装)は予想がつかなかったので、まずは、お世話になっているamazonで大型の出品のコツについて調べました。

多くは、緩衝材(世間で呼ばれるぷちぷち包装)でベビーカーをぐるぐる巻きにすれば、サイズ160以内に収まるのだというアイデア。

しかし、ベビーカーは乳幼児を運ぶ安全な乗り物でないといけないので、中途半端な包装や運搬途中で痛んでは台無しになるだろうと感じました。

そこで、ベビーカーを購入した時に入っていたダンボール包装を再現すればいいのでは?と考えついたのですが、これも難しい。

第一、あんな大型な段ボール箱、身近に手に入りにくいのは予想想定内のこと。

このままではベビーカーの出品は暗礁に乗り上げてしまうのか・・・と思ったのですが。

ベビーカーを降り畳んだ状態で隙間が出来る部分は、新聞紙を丸めてもので埋めて、畳のような状態にして、プチプチで包装する。

そして取り扱い説明書や付属用品なども一緒に、平らにしたお手製ダンボールで包装する、という手段にいきつきました。

この方法でぎりぎり、サイズ160以内。
あとは重量の問題さえクリアすれば、送料を少しでも抑えて出品できる技です。

そして肝心のベビーカーの値段設定。

子どもに利用した期間が3年だったので、そこまで新品でもなく、中古感もそこまで進んでもいないので、他の出品者さんたちの値段設定を参考にして、

まずは、20000円という強気の値段設定で出品開始。

1週間待ちましたが、「いいね」もつかないため、

15000円に値下げして再出品開始。

その後、数件の問い合わせがあったのですが、どれも購入希望というよりかは、値下げ交渉のメッセージのみ。

そこで13000円にやや値下げして3度目の出品!

ここでやっと折り合いのあった、1人の購入者とめぐり合い、交渉成立となりました。

ここまでの期間、出品まで約3週間ほど。

最初の半年の出品ということを考えれば、かなりスピード交渉成立です。

あとは、段取りしていた包装をするだけなのですが、想像以上にベビーカーが重いことに気が付きました。

ホームセンターで購入した、業務サイズのプチプチがあったので、この段階の包装は助かったのですが、

段ボールでの包装にはかなりてこずりました。

ある程度、運搬に耐えられるように2重にダンボール包装したので、本当に包装に苦労したことが一番の大変なことです。

あとは、最寄りのコンビニで発送手続きをすればいいのですが、畳のような荷物を徒歩数分の距離、持てないという現実。

結局、荷造りひもでぐるぐる巻きにして、コンビニへ持ちこみました。

今、思い返すとヤマトさんなどに集配のサービスをしてもらった方がよほど気分的には楽だったと思うのですが、

amazon経験者なら誰しも経験する、売買後のハイ状態になり、そんな知恵さえ見えていませんでした。

その後、無事に発送。
購入者さんの元へ、無事に損傷のなく届けることが出来ました!

たかがベビーカーですが、やはり大きな荷物を個人で取り扱い、amazonで出品・発送するのは少々無茶があるかもしれません。

大人になって、身をもって経験した勉強の機会となりました。

関連記事

  1. 断捨離の喜びの先には梱包と発送作業が待っている|FBA出品・納品代行

  2. 売れたのはいいけど…どうすれば良い!?ガスコンロの梱包|FBA出品・納…

  3. サイズギリギリを攻める梱包|FBA出品・納品代行

  4. 何度も梱包し直してやっと発送できた|FBA出品・納品代行

  5. 売れたものが戻ってきてショック|FBA出品・納品代行

  6. amazonの苦労点|FBA出品・納品代行