巨大ぬいぐるみの処分が、はこBOON終了に間に合わなかった話|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

皆さんご存知のように、通常の配送サービスは、箱のサイズによって料金が決まってきます。

どんなに持ち運びの簡単な軽い荷物であっても、縦・横・高さの合計が大きければ、そのぶん高い料金を取られることになります。

なので、軽いけれど大きいものを配送するときには、ちょっと損をしたような気持ちになります。

明らかに配送のコストは低いはずなのに、例えば同じサイズの、本をぎっしり詰め込んだ荷物と同じ扱いになってしまうからです。

軽いけれど大きなもの、と言って思いつくものは幾つかあるかと思いますが、私がかつて苦労をした……というか、今も困っているのが、クレーンゲームで取ったぬいぐるみの存在です。

だいぶ前のことになりますが、私はクレーンゲームに凝っていた時期があって(今にしてみれば、何であんなに嵌まり込んでいたのか、理由がよくわからないのですが、ストレス等が影響していたのでしょう)、そのときにたくさんのぬいぐるみを手に入れ、自宅に持ち帰っていました。

その中には、ある程度レアなものもあり、amazonに出せば、まあまあの値段で売れるものも少なくありませんでした。

さすがに何万円もの値がつくようなことはなかったのですが、クレーンゲームのぬいぐるみをお金で欲しがる人というのはそれなりにいて、需要には事欠かなかったのです。

1年と少しくらい、私のクレーンゲーム熱は続いていたのですが、ある時期を境に、それが急激に収まっていきました。

マイブームというのはそういう、自分にも制御できない身勝手な変化をするものです。

そのまますっかり「どうでもいい」というところまで冷めてしまい、それと当時に、私の中にあったぬいぐるみ達への愛着といいますか執着も、まったくと言っていいほどなくなってしまいました。

こうなると、大きなぬいぐるみなんて、一気に自宅のお荷物に早変わりです。

そんなわけで、私は自宅のぬいぐるみの「在庫一斉処分」をしようと決めました。

ゴミの日に捨ててしまっても良かったのですが、さすがにちょっと、使ってきたお金が勿体ないという気持ちがあり、amazon等で売っていく方向で、少しずつ処分していくことにしました。

そのときに注意する必要があったのは、サイズの大きなぬいぐるみの扱いです。

大人が両手でやっと抱えられる大きさのものもあり、それらを通常のやり方で配送しようとすると、料金がかさんで、利益がほとんど出ないという問題があったのです。

しかし、当時はそんな私にとって、頼れる味方がいました。

ヤフー等の4社が共同で運営していた、「はこBOON」という配送サービスがあったのです。

これは荷物の料金を、サイズではなく重量で決めるというもので、軽くてかさばるものをどこかへ送りたいときには、非常に重宝しました。

そう、まるで巨大ぬいぐるみを安く配送するために存在するかのようなサービスです。

私はこの「はこBOON」を使って、少しずつぬいぐるみの処分を開始しました。

なにぶん忙しかったので、進捗はとても遅かったのですが、まあ急ぐ必要もあるまい、ということで、自分のペースでのんびりと減らし続けていました。

amazonというものは、どうしても時間をかけないとコンスタントにモノが捌けていきません。

その時間が物理的にも精神的にもなかなか取れなかったので、ゆっくりペースになってしまうのは仕方のないことでした。

しかしそのときばかりは、そのゆっくりペースが裏目に出ました。

2018年5月2日をもって、「はこBOON」のサービスが終了することがアナウンスされたのです。

少なからず驚かされました。

配送業界は運賃などの関係でゴタゴタしている、というのは知っていましたが、まさか大手が運営しているものが、そんな簡単に終わってしまうとまでは思っていなかったからです。

まだ手元には、それなりの数のぬいぐるみが残っていました。

その中には、通常配送では利益の出ないレベルの大きさのものも、しっかりと含まれていました。

サービス終了までに急いですべて処分してしまう必要があったのですが、いきなりそんな風に力を入れることはできず……。

結局、そこそこのぬいぐるみが自宅に残った状態のまま、サービス終了となってしまいました。

それらのぬいぐるみは、今もまだ自宅にあります。

もう諦めて捨ててしまえばいいのですが、「売りたいのに売り損ねた」という経験が変な意地のようなものに変わってしまい、ゴミ捨て場に持っていくことに抵抗が生まれてしまったのです。

かといってそれらに愛着があるかというとそんなことはなく、文字通り自宅のお荷物として、部屋の隅っこに重ねられています。

いつか「はこBOON」のようなサービスがまた出てきてくれれば、そのときはきっちり処分しようと思っているのですが……なかなか現れてくれません。

少なくともしばらくの間は、彼らと一緒に過ごすことになりそうです。

関連記事

  1. amazon『amazon』【ゆうぱっく便】の注意点|FBA出品・納品…

  2. 古いアニメグッズがありましたから|FBA出品・納品代行

  3. 下着の販売で稼げました!|FBA出品・納品代行

  4. ふと始めた大掃除をきっかけに家がきれいに!お金もゲット!|FBA出品・…

  5. バッテリーの納品の難しさ|FBA出品・納品代行

  6. シリアルがある商品の扱いの難しさ|FBA出品・納品代行