美容師でもないのにウィッグで儲けた件について。 |FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

髪も染められない、長さも校則である程度決まっておりそれ以上は一律一つ縛りという古臭い高校に通っていたころ、反動か知らないが恐ろしく派手な金髪巻き髪ウィッグを買ってしまった。

つけた当時、当たり前だが化粧っけのない平坦な顔にド派手な外国人風ウィッグなど似合うわけもなくあえなく撃沈しただの黒歴史となった。

大学生となり一人暮らしに向け部屋を片付けていると忘れ去られた高校の時の黒歴史が登場した。

ちなみにどのくらい忘れていたかというと実家で生首落ちてきた、とツイートしようと思ったくらいだ。

しかしながらよくこんな派手な色のどこにもつけようのないウィッグを2000円も出して買ったな、とまじまじみて改めて思った。

よし、某アプリにて出品しよう。

とすぐに思いつき出品。

そのうち売れるだろうと呑気に構えていたがついに1ヶ月後の引っ越しまで売れなかった。

見栄を張って3000円と高値をつけたのがいけなかったのだろうか。

いっそのこと結局来てすぐ着けたあの日以降一回もつけていないし、日にも当たっておらず劣化や異臭もなかったので自分好みの女の子の髪型にセットしようと考えついた。

とにかくウィッグについて浅い知識しか持っていなかったので情報収集。

どうやら布を染める方法で染まることを知りネットで購入。

つまりその日は染められなかったが翌々日に自分では使っていなかったストレートアイロンも用意した。

最後にハサミと新聞紙を部屋中に広げてリメイク作業が再開した。

まずはストレートの方が染めやすいと勝手な印象で容赦なくふわふわカールを清楚なストレートへとアイロンで導いていく。

時間を要したがなんとか美しいストレートヘアへと変貌したその頭を色を混ぜて溶かした液体にダイブ。

本当に染まるのかとソワソワしながらなんとか染め上げ丁寧に洗い流しあとは毛先を整えるだけとなった。

好みの女の子とはいわゆるアニメのキャラクターでガッツリ色味も寄せていったのでカットでは絶対にミスをすることだけは避けたかった。

何回も動画を見ては素人にできるのかと弱気になり、ハサミを置いた。

しかしこのままでは供養されぬとついに腰までのロングをバッサリ切り落とし箔をつけようとさらに前髪も切った。

ここまで来るとなんとなく楽しくなり、ばさばさ動画と写真と手元のウィッグを順々に見て写真通りの女の子の髪を作り上げていく。

そして総制作時間丸1日。

そこには金髪外国人から変わり果てた好みの女の子の頭部が存在していた。

素人目にしてはよくできたのではないかと思い売るというよりはなんだか人に見てもらいたくて金髪ウィッグを消してコスプレ用ウィッグとして売り出した。

なんとなく労力と材料費を加味して5000円つけてしまった。

調子に乗ったな、と思い原価ギリギリまで値下げでもしようかと翌日アプリを開くとなんと売れていた。

私は美容師でもなければコスプレイヤーでもなく知識が恐ろしく足りない中でウィッグなど扱うのは昨日が初めてだというのに売れてしまった。

だけどそれだけであの日変なウィッグを買ってしまった自分も、昨日の丸一日費やした労力も無駄ではなかったと言われた気がした。

その後意外と素人でもきちんと見て学べばセットができると知り時々格安ウィッグを買っては自分でセットし、コスプレ用ウィッグとして転売することを覚えた。

実際費用を換算すると誤差みたいな売り上げだが、自分のやったことが認められているようでなんだか嬉しく、お金などよりも得した気持ちになるのでなんとなくこの転売はやめられず2年くらい続けた。

全然スピードもなく年に数回しか売り出せなかったが人に認められる嬉しさと、費用と売上の計算ができるようになったので転売も捨てたもんじゃない。

関連記事

  1. 下着の販売で稼げました!|FBA出品・納品代行

  2. 初めてのamazon出品|FBA出品・納品代行

  3. 金貨を出品することにしました|FBA出品・納品代行

  4. 梱包や送料での注意点|FBA出品・納品代行

  5. 買ってもらうための苦労|FBA出品・納品代行

  6. 梱包、発送作業はとても重要なポイント|FBA出品・納品代行