初めてのamazonに大満足|FBA出品・納品代行

Amazonの出品、納品、梱包、出荷などで苦労した話

在宅時間が長くなってきた最近、だんだんと「ひまだなー」と思い始めました。

とりあえず掃除や部屋の整理。

やっぱり出てくる出てくる、使っていないものや、大事にとっておいたものの数々・・・。

ごみとしそのまま捨ててしまうのが惜しいものもあり・・・。

そこで、思いつきました。

「時間はたっぷりあるし、巷でよく聞くamazonに挑戦してみよう!」と。

どんなものが売れるのか、全く分からないので、まずはamazonで買ってみる体験をしようと思いました。

とにかく、アプリをインストール。

会員登録なんかはすぐに済んで、出品されている商品の数々を見られるようになりました。

「うちで眠っているもので、高く売れていそうなもの・・・」と考えながら見てみました。

その結果、家にあるミキモトのフォトフレームとインクカートリッジと本を出品したらよさそうだと思い、出品してみることに決めました。

ミキモトのフォトフレームは結婚祝いでもらった、品質に間違いないものです。

amazonでも高く売れているようですし、大丈夫だろうと思いました。

インクカートリッジは、プリンターを新しく買い替えたので、不要になってしまった物です。

前のプリンターはずいぶん昔の機種で、そのカートリッジが売れるのかどうかは不安でした。

でも、新品で未開封だし、使う人にとっては必要になるものだから、売れるんじゃないかな、という気持ちでした。

本は『置かれた場所で咲きなさい』という本で、他の方もたくさん出品されていました。

でも、一番安い300円にすれば売れるんじゃないかな、と思いとりあえず出品してみることにしました。

当然初めてで、出品の方法は全然わかりませんでした。

でも、amazonが、「次にやること」という感じで誘導していってくれます。

わからない部分はネットで検索したりすれば、親切な方々のサイトで十分な情報を得ることができました。

まず、いい写真を撮ることがポイントでした。

なるべく明るく、余計なものは入らないように、商品が引き立つように、と考えて写真を撮ることは、出品情報をのせるときに一番気を遣うポイントでした。

なるべく写真は多い方がいいんだろうなー、と思い最低2枚、デザインがポイントになるようなフォトフレームでは5枚の写真をのせました。

そして、商品情報をのせ、値段設定。

値段は、ライバルの商品を調べて、最低価格にしてみました。

「出品」のボタンを押すときにはドキドキしながら。

でも、初めて出品できた達成感がありました。

今度は「本当に売れるのかな、売れた後どうするんだろう」と、またドキドキしてきました。

そして、2,3日のうちにフォトフレームに「いいね」がつき、「値引きできますか?」というメッセージがきたのです!さすがミキモト!高く売るためではなく、amazon体験をしてみたかったので、値引きを承諾し、売れることが決定しました。

さて、次は梱包です。

買ってくれた人が満足するような梱包をしなければなりません。

プチプチクッションを買いに行き、できる限り丁寧に梱包しました。

そして、サンキューカードのようなものをつけてみました。

最後に、発送です。

発送にもいろいろな方法があり、どれがいいのか考えつくまで大変でした。

買ってくれた人は早く商品が欲しいはず、と思い、焦りながら梱包発送作業をしていました。

幸い、近所に運送会社の事務所があったので、そこに持ち込むことに決めました。

荷物の厚みやら、この発送方法でいいのかやらを、直接運送会社の人に聞ければ安心だと思ったからです。

そして、買ってもらったその日には無事に発送完了。

発送した後も、あれでよかったのかな、などと心配ばかりでした。

「商品が届きました。

ありがとうございました」というメッセージをもらったときは本当にほっとしました。

後ほど、売り上げも受けとることができて、私のamazonドキドキ初体験は大成功に終わりました!

関連記事

  1. 小さいけど厚みのあるものの梱包|FBA出品・納品代行

  2. amazonでぬいぐるみの出品|FBA出品・納品代行

  3. 古着のジャケットを出品した際の梱包について|FBA出品・納品代行

  4. 丁寧に梱包しすぎたために起こった失敗|FBA出品・納品代行

  5. amazonの苦労話|FBA出品・納品代行

  6. ポスターってどうするの?|FBA出品・納品代行